リンゴォ・ロードアゲイン

リンゴォ・ロードアゲイン

リンゴォ・ロードアゲイン
能力
スタンド名『マンダム』(時間を六秒戻す)
作品
『スティール・ボール・ラン』(荒木飛呂彦、ウルトラジャンプ連載)
解説
第二十三代アメリカ大統領、ファニー・ヴァレンタインの部下のスタンド使い。『スティール・ボール・ラン』 4th ステージ途中の果樹園地帯でジャイロとジョニィの前に立ちはだかる。

特筆すべき彼の思想は『男の世界』である。幼少期、自分に性的虐待を加えようとした強盗を早撃ちで射殺した際に「公正な勝負は人間を成長させる」という哲学に目覚めたリンゴォは、以降、罪もない人物を強制的に決闘へ巻き込むライフスタイルを採用する(たぶん)。率直に言って傍迷惑極まりない狂人であり、法とはまさにこういう野郎をノー会話で隔離施設へ放り込むために存在するのだが、その動機に嘘偽りや私欲はなく、純粋に間違った美学に基づいて行動している点が独特の爽やかさを生んでいる。

(Woshare Wiki - 僕たちの好きなマッドキャラ/2006より)

* はてなダイアリーキーワード:リンゴォ・ロードアゲイン