数寄

数寄

〔「好き」と同源。「数寄」「数奇」は当て字〕風流・風雅の道。和歌・茶の湯・生け花など、風流の道を好むこと。

    「―三昧(ざんまい)」
    ――を凝(こ)ら・す
    風流な工夫をいろいろとほどこす。
    goo辞書 - 数寄/数寄

不運を意味する。道楽に没頭すれば家運が傾くことから、転じて趣味や嗜好を極めることを意味した。一般に茶の湯、能楽等を指す。

Wikipedia - 数奇
へうげもの』作中では"数奇"表記だが、 g:kill では"数寄"を採用する。