Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2017-12-17 このエントリーを含むブックマーク

  • 最近
    • モンスターハンターダブルクロスの話はしてなかったっけか。もちろんやっております。やってない方がおかしかろう。
      • うまいこと Nintendo Switch を買えたので、 3DS 版と合わせて使っております。 3DS でやるゲームがあるときはデータを Switch へ移し、 Switch でやるゲームがあるときは 3DS へ移し。さすがにこの頃毎日はやらなくなったけど、モンハンは毎日やるものだと思っている方の人類の半分です。
    • 他のゲームをここまでやることはなくて一定期間で遊ばなくなるものですが、モンハンはスポーツに近いというか、ゴルフのような性質を持っていると思う。アクションゲームとしては反射神経があるに越したことはないけど、やりこむと反射神経がなくても戦えるようになるとか、経験が長くなればなるほど上手くなり、初見のモンスターも直観で対処方法がある程度わかるとか、漫画のような強さを誰もが得られるゲームだと思う。具体的には『Sugar』で言ってた四次元ボクシング、あれができるようになります。モンスターは完全に同じパターンで行動するわけじゃなく、毎回ある程度のブレはありますが、彼らは基本的に個性というものがなく、種族によって距離とタイミングが一緒なのです。経験を積むと彼らの行動の起こり、兆しのようなものを見て数秒後の回避・反撃のイメージが立てられるようになり、そこからが基本で、あとは見えている隙にどれだけ自分の攻撃を乗せられるかで応用の上手さが積み重なっていく感じ。上級者の動画なんかを見ると、モンスターにどれだけのダメージを入れると怯んで隙ができるか、そこで更に攻撃を積み重ねて反撃を受けずに相手を無効化するかといったイメージがきれいに完成している。キルアが攻撃力も体力も桁違いのユピーを一方的に圧倒してたあれ、練習するとあのくらいのムーブは可能。自分も MHXX のディノバルドが苦手で、奴を倒すためにブシドーランスを新規データまで作って練習したおかげで、今ではリラックスした状態で獰猛化ディノバルドに同撃酔拳を入れ続けるお仕事ができるようになりました。
      • Switch 版であちこちの景色を見てまわるのも兼ねて新しいキャラを作って最初から始めたんですが、ランスを練習する目的があったので、今年最も輝いていた槍使いをモチーフにしました。 FGO の話はしてないですよ。今年のランサーと言ったら次郎法師直虎しかいないでしょう。モンハンで初めて女性キャラを作ったでござる。オトモはナオマサ。宿敵を槍で屠るシーンは壮絶かつ面白すぎて、直虎はとてもいい作品だと思うけど揶揄の心が抑えられない。普通の女性主人公なら部屋に閉じこもって「われが奴を殺したのじゃ! われのせいじゃ!」って泣いてるところですが、直虎は「われが奴を殺したのじゃ!(物理)」ですからね。視聴者も同情しつつどこかで「そうやね」としか言えない空気があるよね。
        • ランスが一段落したので、最近はブレイヴヘビィボウガンを練習してます。みんなが使ってたのでメインキャラの方ではちょっと避けてましたが、あの瞬間火力の高さは確かに魅力的。ただ、火力もさることながら、あれが本当に怖いのはヘビィボウガンなのにパワーランで機動力まで得てしまったことかなと。スタミナ消費ほぼなしでランスの突進並みにあちこち走れる最大火力のガンナーが弱いわけなかろう。
    • 古い曲を聴いたりもしている。しばらく前に DVD ボックスが出るとかで CM でちょっとだけ流れてたテクノボイジャーの曲いいですね。 J9 なんかが好きな人に合いそう。
      • 本編は全然見てませんが、 T.B Love という歌詞のエピソードもいい。テクノボイジャーなら TV じゃないのと気の利いた人なら突っ込むところ、実は日本版サンダーバードとして作られる予定だったのに版権が降りなかったとかで別名になって、かつスペルはそのままという。何そのへうげものでいう疵が入った茶入れの蓋みたいな良さ。
      • ラブライバーが問題を起こしたらガオガイガーの節で歌ってやろうと思っているものの、ラブライバーは人間ができているのか、あまりそういう話を聞かない。傷害沙汰を起こしたらファイティングラブライバー。
    • 『ジャスティスリーグ』は観ました。アヴェンジャーズの方はアントマンあたりを見逃して新作のペースについていけなくなってきて、マーベルのは『デッドプール』みたいな単発だけ観ている状態。
      • ジャスティスリーグのメンツは異常に我が強いとか理性をなくして暴れ出すみたいなのが少ないから話がまとまりやすい。今回だってパーフェクトオリジン風に言うとあやつがおかしくならなければ中盤はいまいち盛り上がらなかったところだ。あやつはやはりいかん。新進気鋭の超高速ヒーローフラッシュが超高速で張り合われているという、仮面ライダー BLACK RX を超える本家「もうあいつだけでいいんじゃないかな」。今後ジャスティスリーグはあやつ対策に追われる悲劇的伝説になるであろう。
    • 面白かった映画だとやはり『新感染』かな。今年はクリストファー・ノーランの新作もあったというのに、それを差し置いてゾンビ映画を上と言わざるを得ない屈辱。
      • エモさは塩や脂のようなもので、適切に使われていればおいしい。しかしそれは万人がギトギトのラーメン食べ放題チケットを嬉々として買うという話ではない。大事なのはやはり納得だ。『納得』はすべてに優先する。『新感染』は納得感のあるギトギトであった。全ての登場人物がキャラ配置の時点で与えられていた天命をきっちり使い切るあたりも好感度が高かった。シリーズ化なんて気にすんなよ、ゴキブリみたいに初速から最高速だ!
      • いや、『ダンケルク』も好きですけどね。地味なので商業的に不利だったかなという点はノーランのママじゃない我々が気にすることではないし。
        • あの人ちょっと上から俯瞰する映像が異様に好きですよね。毎回どこかしら少し上の視点でゆっくり動く映像が入っている気がする。そりゃ飛行機が飛ぶ映画もそのうち撮ろうというものだ。好きな映画を作っていい立場になって、ああいう抑制が効いてて映像が美しくて教訓もそれほどないホラー映画を作れるなら、それは幸せなことなんじゃないかな。ベンツなんかいらないよ。
          • 銃撃や爆撃や溺死に怯える兵士の精神状態を執拗に再現してくるので、あの映画が観客に与える最大の教訓は「何が何でも敵に制空権を渡してはならない、絶対にあかん」だと思う。

dkrorscdkrorsc2017/12/24 21:13新感染よかったですよねアレ
ベタですけど自己犠牲展開(格闘家とか親父とか)にはホントにホロっとしましたし
ゾンビ物としてはグロ描写少な目で見やすいのも良かったです

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20171217

2017-10-10 このエントリーを含むブックマーク

  • 最近観た映画『ワンダーウーマン』
    • http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/
    • 個人的に面白かった点が二つありました。
      • ひとつ。タランティーノ作品の登場人物みたいに一見関係なさそうな話をしますが、最近 PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)のプレイ動画など観てまして、アサルトライフルだのサブマシンガンだので都市戦をやって茂みに隠れ伏したり一般家屋を制圧したりする様を見物しております。あれがなかなか楽しそうで、グレネード投げて援護したり、サプレッサーつけて死角から銃撃してどこから撃たれてるのか分かってない敵を蜂の巣にしたり、家の陰で出会い頭に敵と遭遇戦になってウージーを乱射したり、皆さん実にきゃっきゃうふふしておりますな。しかし勝つのはそれなりに大変そうで、なにしろ敵も味方も銃で撃たれたら死んでしまうので、如何に撃たれずに撃つか、敵に自分の位置を悟られないかといった点に気をつかう。人間はすぐ死んでしまうから慎重になるのであるなあと当たり前のことを思ったりします。
        • そういうのを観た直後にワンダーウーマンを観ると、上映前に PS4Call of Duty 最新版の CM を流していたりするわけです。あれは第二次世界大戦かな。密林の中で泥にまみれてマシンガンを抱きしめる兵士だとか、倒木を乗り越えてくる戦車だとか、必死の形相で叫ぶ兵士とかの映像が映画と見紛う高解像度で再現されててね。泥っ臭い地獄のような戦場がこれでもかと目の前に展開されるのです。
        • ワンダーウーマン作中の戦争は第一次世界大戦で、彼女が到着するまでの前線は FPSTPS の扱う領域、射線をくぐり抜けて一に地道、二に地道、三四がなくて五に死体みたいな世界です。そういう銃撃戦に慣れた目で眺めていると、突っ込んでくるわけだ、ワンダーウーマンが。ガトリングガンを手持ちのシールドではじきながら、単独で戦線をずんずん踏みつぶして。この映画ほど観ていてドイツ兵に同情した作品はない。地道に地道に十字砲火してたら超ムーブで塹壕まで突っ込んでくるわ、スナイパーがきっちりヘッドショットを決めたと思ったら籠手でパリングするわ。完全にクソゲーです。だってあいつだけスペックが FPS じゃなくて無双ゲーなんだもの。敵が二階にいる家をクリアリングするつらさといったら相当なもので、まず援護射撃しながら壁にとりついて、玄関を開けてスタングレネードを投げ入れて、銃を構えながら死角に注意して複数名で乗り込んで、ドア越しに銃撃しあってようやく制圧ですよ。ワンダーウーマンはそういう面倒な手続きを踏まず、最凶死刑囚のドイルばりにジャンプして二階の窓をドカーンと破って突っ込んできて全員ブチのめす。実にひどい。ゲーム実況ならふっざけんなよと叫んでコントローラーを叩きつけるレベル。あれを美しくブッ飛ばすとは呼びたくないね。
    • 以下ネタバレ。

続きを読む

xx-internetxx-internet2017/10/10 07:26HiGH&LOW は興味あるけど観てません。プリキュアみたいにエンディングで踊るの?

dkrorscdkrorsc2017/10/14 23:32びっくりしましたよねーアレ
現実を知ってそれでも正しい事は正しいんやと言って終わり!みたいな話かなと思ったら
ホントにアレス出てくるわ愛こそ全てとか微妙にズレた着地するとか
これで見ててナメんなという感想にならんあたり秀逸だと思います。

そーいや無関係な話ですがウォッチメンの「その後」が明らかになり
オジマンディアスの所業が明らかになってオジー失踪
その後なぜかバットマンの実家にコメディアンのバッジが見つかったそうですが
映画の方にもウォッチメン勢が参戦するんですかね

ドーンドーン2017/10/18 08:16人間がクズの集まりだと証明する為に神話の時代からコツコツ仕事してきたアレスというマッド野郎と
アレス関係なく争う人間とトレバーを見て「人間は選択できる」とダイアナが選択するという流れは
ストーリーを綺麗に着陸させたと言っていいと思います。
あのままアレスなんていなかったんだという話になるとダイアナとセミスキュラの人達が完全にピエロの集まりになりますし、
そうしたら70年以上続く原作ファンによってワーナーが焼き討ちにあいかねませんからね。

zz2017/11/02 10:05HiGH&LOWは踊りませんが日本刀を持った狂人に追い掛け回されたりします。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20171010

2017-08-14

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(三池崇史) ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(三池崇史) - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(三池崇史) - イン殺

  • おそらくこの作品は一定のジョジョ知識を持った上でベースからの差を求めている読者をメインターゲットとして作られています。未読の人への入門というポジションは狙っていない。なので、差異や改変、省略がどうしてもダメという人は避ければいいですし、そういうのが楽しめる方は楽しむといいんじゃないでしょうか。
    • ファントムブラッドの映画をリアルタイムで観た(id:xx-internet:20070304:p1)程度には酔狂ですが、スピードワゴンが出てこない第一部ほどの無茶はしておらず、むしろ話をまとめるために外せないところをちゃんと抜き出して、後に出てこなくてアクが強いアンジェロに山田孝之を当てて豪華な変態を見せるなど、省略や改変作り手の事情を覗かせつつ、無理にならない範囲で単独の作品に仕立てているという印象。原作ファンの一人として怒るような内容ではまるでないです。
    • ポルナレフも言っていたように言ってもわからねーヤツってのは言ってもわからねーですし、水辺に連れていっても水を飲まないロバは棒で殴って水に沈めろとイタリアでは言われてますので、たぶんこの文を読んだ人が考えを 180 °変えることはないでしょう。うまくいって 10 °くらい考え方がずれて観に行く人が増えてくれれば、筆者が続篇を観られる可能性が上がるので、そのような現世利益を期待してこれを記すことにします。以下はネタバレ。

続きを読む

 2017/08/18 09:29しかしながら四部屈指の狂ったエピソードである鉄塔男の回は実写で見たかったというのもまた人情です。確かに事情(予算とか予算とかあと予算とか)はなんとなく察せるのであんまりわがままも言えませんが

k2017/08/22 02:49アンジェロに父のエピソードを入れたことこそが今作のテーマなのではないでしょうか?
アンジェロ:父への恨み(最初の犯行)
形兆:父へのやるせなさ(行動の動機)
承太郎:隠し子を持っていた父とのゴタゴタ(物語の起点)
仗助:父親代わりの祖父への誓い(ストーリーの原動力)
いずれも、一種呪いのような血のつながりを通して作品世界とつながっています。
この父親のエピソードがあるからこそ、仗助が街を護るという決意にもつながりますし、美しいものも醜いものもある街という有機体の空恐ろしさを生み出す効果が出ていると思うのです。

ただでさえ複数のエピソードの集合でとっちらかった印象を与えかねない第4部を映像化している上に、これまでの物語がろくすっぽ説明されないなかで、この父親と家族のエピソードこそがこの映画を束ねる要素になっていると思うのです。

隈界隈界2017/08/29 00:48今週のソーマのネタバレ

以前xxさんがおっしゃっていたコピー能力者の典型的敗因、「コピーしきれてない」をやってしまいましたね

 2017/09/18 18:11イン殺さんはハイアンドローはご覧になりましたか? 少年チャンピオンの世界観をすごい資金力とLDHのダンサー達によるアクションで実写化してるので是非ご覧になっていただければと思います。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20170814