Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2017-10-10 このエントリーを含むブックマーク

  • 最近観た映画『ワンダーウーマン』
    • http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/
    • 個人的に面白かった点が二つありました。
      • ひとつ。タランティーノ作品の登場人物みたいに一見関係なさそうな話をしますが、最近 PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)のプレイ動画など観てまして、アサルトライフルだのサブマシンガンだので都市戦をやって茂みに隠れ伏したり一般家屋を制圧したりする様を見物しております。あれがなかなか楽しそうで、グレネード投げて援護したり、サプレッサーつけて死角から銃撃してどこから撃たれてるのか分かってない敵を蜂の巣にしたり、家の陰で出会い頭に敵と遭遇戦になってウージーを乱射したり、皆さん実にきゃっきゃうふふしておりますな。しかし勝つのはそれなりに大変そうで、なにしろ敵も味方も銃で撃たれたら死んでしまうので、如何に撃たれずに撃つか、敵に自分の位置を悟られないかといった点に気をつかう。人間はすぐ死んでしまうから慎重になるのであるなあと当たり前のことを思ったりします。
        • そういうのを観た直後にワンダーウーマンを観ると、上映前に PS4Call of Duty 最新版の CM を流していたりするわけです。あれは第二次世界大戦かな。密林の中で泥にまみれてマシンガンを抱きしめる兵士だとか、倒木を乗り越えてくる戦車だとか、必死の形相で叫ぶ兵士とかの映像が映画と見紛う高解像度で再現されててね。泥っ臭い地獄のような戦場がこれでもかと目の前に展開されるのです。
        • ワンダーウーマン作中の戦争は第一次世界大戦で、彼女が到着するまでの前線は FPSTPS の扱う領域、射線をくぐり抜けて一に地道、二に地道、三四がなくて五に死体みたいな世界です。そういう銃撃戦に慣れた目で眺めていると、突っ込んでくるわけだ、ワンダーウーマンが。ガトリングガンを手持ちのシールドではじきながら、単独で戦線をずんずん踏みつぶして。この映画ほど観ていてドイツ兵に同情した作品はない。地道に地道に十字砲火してたら超ムーブで塹壕まで突っ込んでくるわ、スナイパーがきっちりヘッドショットを決めたと思ったら籠手でパリングするわ。完全にクソゲーです。だってあいつだけスペックが FPS じゃなくて無双ゲーなんだもの。敵が二階にいる家をクリアリングするつらさといったら相当なもので、まず援護射撃しながら壁にとりついて、玄関を開けてスタングレネードを投げ入れて、銃を構えながら死角に注意して複数名で乗り込んで、ドア越しに銃撃しあってようやく制圧ですよ。ワンダーウーマンはそういう面倒な手続きを踏まず、最凶死刑囚のドイルばりにジャンプして二階の窓をドカーンと破って突っ込んできて全員ブチのめす。実にひどい。ゲーム実況ならふっざけんなよと叫んでコントローラーを叩きつけるレベル。あれを美しくブッ飛ばすとは呼びたくないね。
    • 以下ネタバレ。

続きを読む

xx-internetxx-internet2017/10/10 07:26HiGH&LOW は興味あるけど観てません。プリキュアみたいにエンディングで踊るの?

dkrorscdkrorsc2017/10/14 23:32びっくりしましたよねーアレ
現実を知ってそれでも正しい事は正しいんやと言って終わり!みたいな話かなと思ったら
ホントにアレス出てくるわ愛こそ全てとか微妙にズレた着地するとか
これで見ててナメんなという感想にならんあたり秀逸だと思います。

そーいや無関係な話ですがウォッチメンの「その後」が明らかになり
オジマンディアスの所業が明らかになってオジー失踪
その後なぜかバットマンの実家にコメディアンのバッジが見つかったそうですが
映画の方にもウォッチメン勢が参戦するんですかね

ドーンドーン2017/10/18 08:16人間がクズの集まりだと証明する為に神話の時代からコツコツ仕事してきたアレスというマッド野郎と
アレス関係なく争う人間とトレバーを見て「人間は選択できる」とダイアナが選択するという流れは
ストーリーを綺麗に着陸させたと言っていいと思います。
あのままアレスなんていなかったんだという話になるとダイアナとセミスキュラの人達が完全にピエロの集まりになりますし、
そうしたら70年以上続く原作ファンによってワーナーが焼き討ちにあいかねませんからね。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20171010

2017-08-14

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(三池崇史) ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(三池崇史) - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(三池崇史) - イン殺

  • おそらくこの作品は一定のジョジョ知識を持った上でベースからの差を求めている読者をメインターゲットとして作られています。未読の人への入門というポジションは狙っていない。なので、差異や改変、省略がどうしてもダメという人は避ければいいですし、そういうのが楽しめる方は楽しむといいんじゃないでしょうか。
    • ファントムブラッドの映画をリアルタイムで観た(id:xx-internet:20070304:p1)程度には酔狂ですが、スピードワゴンが出てこない第一部ほどの無茶はしておらず、むしろ話をまとめるために外せないところをちゃんと抜き出して、後に出てこなくてアクが強いアンジェロに山田孝之を当てて豪華な変態を見せるなど、省略や改変作り手の事情を覗かせつつ、無理にならない範囲で単独の作品に仕立てているという印象。原作ファンの一人として怒るような内容ではまるでないです。
    • ポルナレフも言っていたように言ってもわからねーヤツってのは言ってもわからねーですし、水辺に連れていっても水を飲まないロバは棒で殴って水に沈めろとイタリアでは言われてますので、たぶんこの文を読んだ人が考えを 180 °変えることはないでしょう。うまくいって 10 °くらい考え方がずれて観に行く人が増えてくれれば、筆者が続篇を観られる可能性が上がるので、そのような現世利益を期待してこれを記すことにします。以下はネタバレ。

続きを読む

 2017/08/18 09:29しかしながら四部屈指の狂ったエピソードである鉄塔男の回は実写で見たかったというのもまた人情です。確かに事情(予算とか予算とかあと予算とか)はなんとなく察せるのであんまりわがままも言えませんが

k2017/08/22 02:49アンジェロに父のエピソードを入れたことこそが今作のテーマなのではないでしょうか?
アンジェロ:父への恨み(最初の犯行)
形兆:父へのやるせなさ(行動の動機)
承太郎:隠し子を持っていた父とのゴタゴタ(物語の起点)
仗助:父親代わりの祖父への誓い(ストーリーの原動力)
いずれも、一種呪いのような血のつながりを通して作品世界とつながっています。
この父親のエピソードがあるからこそ、仗助が街を護るという決意にもつながりますし、美しいものも醜いものもある街という有機体の空恐ろしさを生み出す効果が出ていると思うのです。

ただでさえ複数のエピソードの集合でとっちらかった印象を与えかねない第4部を映像化している上に、これまでの物語がろくすっぽ説明されないなかで、この父親と家族のエピソードこそがこの映画を束ねる要素になっていると思うのです。

隈界隈界2017/08/29 00:48今週のソーマのネタバレ

以前xxさんがおっしゃっていたコピー能力者の典型的敗因、「コピーしきれてない」をやってしまいましたね

 2017/09/18 18:11イン殺さんはハイアンドローはご覧になりましたか? 少年チャンピオンの世界観をすごい資金力とLDHのダンサー達によるアクションで実写化してるので是非ご覧になっていただければと思います。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20170814

2017-01-23 このエントリーを含むブックマーク

  • 最近楽しんでいるものシリーズ『魯山人コラム』
    • しばらく前から連載されているきくち正太先生の『瑠璃と料理の王様と』は皆さんご存知という前提で話を進めます。
    • 北大路魯山人ッ! 東條英機、西田幾多郎、南方熊楠と並び称された 100% 四天王ッ! なんでいま魯山人かというと、『瑠璃と料理の王様と』ががっつり魯山人をフィーチャーしてるからですね。町の料理屋を営む若い女性主人公と相対するのは今魯山人と呼ばれミシュランを「タイヤ屋ごときの解説本をありがたがりよって、日本の店は日本人の美学で選ばれるべきだ。それができるのは、はばかりながらこの儂しかおるまい」とか評する重鎮というお話。言うことや精神性はおおむね魯山人のコピーなので、オードリー・バーン VS フル・フロンタルみたいなものです。
      • ポスト『美味しんぼ』時代、『孤独のグルメ』以降ではこういう食い物の上と下を明確に分けるような作品は徐々に少数派となってきていて、それは描くための前提知識なり取材なりに相当なコストがかかるので、ちょっと売れたら即ドラマ化という風潮の中で単純に供給が追いつかないからだと思ってますが、こういうタイプはそれはそれでしっかり残ってほしいので単行本は買っております。 Kindle 版だけど。
        • 『孤独のグルメ』の強さはあらゆる食の楽しみを赦したことだと思う。知識がなくても金がなくても気の利いたコメントが言えなくても日々の飯はうまいという、その作品思想が集合的無意識にがっつりと根を下ろしている。『わたしのご飯がまずいのはお前が隣にいるからだ』という漫画があるように、薀蓄は面倒くさいですからね。ユダヤ教よりキリスト教が広まるような、人々がいつしか南無阿弥陀仏と唱えるだけの宗派に帰依していくような。
    • 本筋に戻って魯山人コラムの話。率直な感想を言うと、こんな嫌なやつが今なお通人として歴史に名を残しているのであるなあと思いました。読みたい方は Kindle で 50 円か 100 円くらいの全部入り編集版が売られているので、それを買うのが手っ取り早いでしょう。自分が買ったのは画像付き版ですが、ルビの処理がところどころ間違っていてあまり質が良くなかったのでリンクを控えます。
      • 魯山ちゃんの文章をまとめて読んだことがない方の知識というと、自分の体験から想像するに、だいたい海原雄山の元ネタとしてのそれであって、例えばトゥール・ダルジャンで鴨をわさび醤油で食ったとか魯山人風すき焼きとかいう部分と思われます。あるいは青空文庫で読める短い食い物コラムを読んだとか。そのあたりの知識だけでもたいがい嫌なやつですが、陶芸や書に関する文章などもひととおり読んでみると、嫌味という以上に、もはや好戦的と言っていいレベルで他人に喧嘩を売っている。海原雄山だって自分の通った場所では毒を吐くにしても、わざわざ人様を名指しで批判することはなかった……、いやあったか。新聞の取材に答えて店をこき下ろしたりしてたね。まあ、あれより半歩先の毒怪鳥です。
      • 世間のインターネットの皆様はとっくの昔に魯山人の暴言 bot くらいのものは作っていると思われますが、ひととおり読んだ中で心に残ったベスト 3 を挙げておきます。

しかし、地方人は都会人のように、さまざまのものを体験していないから、勢い我田引水におちいる。あゆにしても、まつたけにしても、いろいろと経験してこれがいいということにならないと、ものの真価をつかむことはできないものだ。井の中の蛙で世界はこれだけだと思うようでは、いつまでたっても、ものの真価はつかめないのである。

例をあげると、土佐のかつおのたたきなどは、もっとも世間的に有名なものとしてひとびとの耳に入っているが、実際はたいしたことはない。なぜかといえば、土佐という海に面した国は料理が発達していないし、贅沢を知らないひとが多いからである。このため土地のひとにはかつおのたたきが、実に天にも地にもかけがえのないほど、うまく感じられるのである。

ある日……なんでもわたしの話はある日である。何月、何日といわねば気に入らぬひとがあったら、なんでもある日で片付けるわたしの話は気に入らぬかもしれぬが、わたしはつまらんことは一切覚えないことにしている。だからある日である。

ある日のこと、わたしは一人の歌人と話をした。名はいわぬ、というより忘れた。名まで覚えてありがたがるほどの歌人は稀にしかいないものだ。稀にだっていればこんなありがたいことはないが、まあ日本に一人いるか二人いるかくらいなものだろう。

さしずめ新橋あたりを例に、私の趣味に合格する店は二、三軒であろう。

      • ひどいでしょう。あえてコメントすると、無駄に攻撃的、自分以上に詳しい人間などいないという態度を隠さないというあたりが邪悪。一般的にコラムというものは愛されるための文章だと思うんですよね。連載や単行本になったりするものは特に、一定の読者の共感なり感心なりを呼んで多少いい気分になってもらうために書くもので、たまに露悪的なものがあったとしても、いかにも反発を呼びそうな内容を書き続けるメリットが少ない。魯山人の文章にはそういう可愛げが見られないわけです。ネイキッドというか。
        • やや長いが『素人製陶本窯を築くべからず』(http://www.aozora.gr.jp/cards/001403/files/49982_37777.html)もひどい。美大生を雇って古来の焼き物を再現しようとした金持ちに対して「金の無駄だからやめとけ。高い給料で画家を雇ったら名画が描けるのか? 絵では誰もそんなことしないのに、焼き物ではよくこういう勘違いする人いるよね」と語りかける話。言っていることは一理ある。しかし、「猫の飯食う茶碗だって出来るものか」は言い過ぎだったと書いておいて主張自体は一歩も譲歩しないという、火を消す気が欠片も感じとれない戦闘民族の時候の挨拶みたいな文章。
      • しかしながら、この人に美点がないかというとそういうわけでもないんですよね。講演の内容を書き起こしたと思しきものや数々の文章を見ても言ってることは一貫しているし、やっていることが真剣であるのはどうやら確からしい。料理と器は夫婦のようなもので片方をおろそかにしては成り立たぬと言っては窯を立てて満足のいく器を焼き始める人ですからね。
        • 書画に関しては基本的に古いものほどいいという認識だったり、素朴な大衆感覚に近い部分もある。『河豚食わぬ非常識』(http://www.aozora.gr.jp/cards/001403/files/50000_37754.html)でとにかくふぐを食えと力説してる部分もだいぶ図太いがほほえましい。人格的にどうかと思う点は多々ありますが、面白いというのは否定できないのが魯山人の名が残った理由なのかなと。

わたしはひとがなんと思おうとかまわぬ気で告白するが、今日わたしほど美食に体験を持っている人間は世間にほとんどない。朝から晩まで、何十年来片時も欠かさず美食の実験に浸っている。まったくわたしのようなものはまずないと信じられる。この点では僭越ながら世上広しといえども、自分は美食家として唯一とはいわないが稀有の存在であると信じている。もとよりそれが善事とも悪事とも思わないこと、もちろんだ。

偉いこととも思わねば、馬鹿な所業だとも思わぬ。ただそういうふうに生まれ合わしてきただけだと思っているまでではあるが。とにかく、誰がなんといっても美食没頭の体験においては人後に落ちない自信を有している。従って、あらゆる美食を尽くしていると告白するに躊躇しない。この日夜飽くなき美食何十年の実際生活を基本として至公至平に判断するとき、ふぐは絶味も絶味、他の何物にも処を異にすると断言してはばからないのである。

ii2017/07/10 22:08「河豚食わぬ非常識」の参照先が「握り寿司の名人」になってますね

xx-internetxx-internet2017/08/14 17:07失礼しました。リンクを修正しました。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20170123