Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2017-01-23 このエントリーを含むブックマーク

  • 最近楽しんでいるものシリーズ『魯山人コラム』
    • しばらく前から連載されているきくち正太先生の『瑠璃と料理の王様と』は皆さんご存知という前提で話を進めます。
    • 北大路魯山人ッ! 東條英機、西田幾多郎、南方熊楠と並び称された 100% 四天王ッ! なんでいま魯山人かというと、『瑠璃と料理の王様と』ががっつり魯山人をフィーチャーしてるからですね。町の料理屋を営む若い女性主人公と相対するのは今魯山人と呼ばれミシュランを「タイヤ屋ごときの解説本をありがたがりよって、日本の店は日本人の美学で選ばれるべきだ。それができるのは、はばかりながらこの儂しかおるまい」とか評する重鎮というお話。言うことや精神性はおおむね魯山人のコピーなので、オードリー・バーン VS フル・フロンタルみたいなものです。
      • ポスト『美味しんぼ』時代、『孤独のグルメ』以降ではこういう食い物の上と下を明確に分けるような作品は徐々に少数派となってきていて、それは描くための前提知識なり取材なりに相当なコストがかかるので、ちょっと売れたら即ドラマ化という風潮の中で単純に供給が追いつかないからだと思ってますが、こういうタイプはそれはそれでしっかり残ってほしいので単行本は買っております。 Kindle 版だけど。
        • 『孤独のグルメ』の強さはあらゆる食の楽しみを赦したことだと思う。知識がなくても金がなくても気の利いたコメントが言えなくても日々の飯はうまいという、その作品思想が集合的無意識にがっつりと根を下ろしている。『わたしのご飯がまずいのはお前が隣にいるからだ』という漫画があるように、薀蓄は面倒くさいですからね。ユダヤ教よりキリスト教が広まるような、人々がいつしか南無阿弥陀仏と唱えるだけの宗派に帰依していくような。
    • 本筋に戻って魯山人コラムの話。率直な感想を言うと、こんな嫌なやつが今なお通人として歴史に名を残しているのであるなあと思いました。読みたい方は Kindle で 50 円か 100 円くらいの全部入り編集版が売られているので、それを買うのが手っ取り早いでしょう。自分が買ったのは画像付き版ですが、ルビの処理がところどころ間違っていてあまり質が良くなかったのでリンクを控えます。
      • 魯山ちゃんの文章をまとめて読んだことがない方の知識というと、自分の体験から想像するに、だいたい海原雄山の元ネタとしてのそれであって、例えばトゥール・ダルジャンで鴨をわさび醤油で食ったとか魯山人風すき焼きとかいう部分と思われます。あるいは青空文庫で読める短い食い物コラムを読んだとか。そのあたりの知識だけでもたいがい嫌なやつですが、陶芸や書に関する文章などもひととおり読んでみると、嫌味という以上に、もはや好戦的と言っていいレベルで他人に喧嘩を売っている。海原雄山だって自分の通った場所では毒を吐くにしても、わざわざ人様を名指しで批判することはなかった……、いやあったか。新聞の取材に答えて店をこき下ろしたりしてたね。まあ、あれより半歩先の毒怪鳥です。
      • 世間のインターネットの皆様はとっくの昔に魯山人の暴言 bot くらいのものは作っていると思われますが、ひととおり読んだ中で心に残ったベスト 3 を挙げておきます。

しかし、地方人は都会人のように、さまざまのものを体験していないから、勢い我田引水におちいる。あゆにしても、まつたけにしても、いろいろと経験してこれがいいということにならないと、ものの真価をつかむことはできないものだ。井の中の蛙で世界はこれだけだと思うようでは、いつまでたっても、ものの真価はつかめないのである。

例をあげると、土佐のかつおのたたきなどは、もっとも世間的に有名なものとしてひとびとの耳に入っているが、実際はたいしたことはない。なぜかといえば、土佐という海に面した国は料理が発達していないし、贅沢を知らないひとが多いからである。このため土地のひとにはかつおのたたきが、実に天にも地にもかけがえのないほど、うまく感じられるのである。

ある日……なんでもわたしの話はある日である。何月、何日といわねば気に入らぬひとがあったら、なんでもある日で片付けるわたしの話は気に入らぬかもしれぬが、わたしはつまらんことは一切覚えないことにしている。だからある日である。

ある日のこと、わたしは一人の歌人と話をした。名はいわぬ、というより忘れた。名まで覚えてありがたがるほどの歌人は稀にしかいないものだ。稀にだっていればこんなありがたいことはないが、まあ日本に一人いるか二人いるかくらいなものだろう。

さしずめ新橋あたりを例に、私の趣味に合格する店は二、三軒であろう。

      • ひどいでしょう。あえてコメントすると、無駄に攻撃的、自分以上に詳しい人間などいないという態度を隠さないというあたりが邪悪。一般的にコラムというものは愛されるための文章だと思うんですよね。連載や単行本になったりするものは特に、一定の読者の共感なり感心なりを呼んで多少いい気分になってもらうために書くもので、たまに露悪的なものがあったとしても、いかにも反発を呼びそうな内容を書き続けるメリットが少ない。魯山人の文章にはそういう可愛げが見られないわけです。ネイキッドというか。
        • やや長いが『素人製陶本窯を築くべからず』(http://www.aozora.gr.jp/cards/001403/files/49982_37777.html)もひどい。美大生を雇って古来の焼き物を再現しようとした金持ちに対して「金の無駄だからやめとけ。高い給料で画家を雇ったら名画が描けるのか? 絵では誰もそんなことしないのに、焼き物ではよくこういう勘違いする人いるよね」と語りかける話。言っていることは一理ある。しかし、「猫の飯食う茶碗だって出来るものか」は言い過ぎだったと書いておいて主張自体は一歩も譲歩しないという、火を消す気が欠片も感じとれない戦闘民族の時候の挨拶みたいな文章。
      • しかしながら、この人に美点がないかというとそういうわけでもないんですよね。講演の内容を書き起こしたと思しきものや数々の文章を見ても言ってることは一貫しているし、やっていることが真剣であるのはどうやら確からしい。料理と器は夫婦のようなもので片方をおろそかにしては成り立たぬと言っては窯を立てて満足のいく器を焼き始める人ですからね。
        • 書画に関しては基本的に古いものほどいいという認識だったり、素朴な大衆感覚に近い部分もある。『河豚食わぬ非常識』(http://www.aozora.gr.jp/cards/001403/files/49989_37783.html)でとにかくふぐを食えと力説してる部分もだいぶ図太いがほほえましい。人格的にどうかと思う点は多々ありますが、面白いというのは否定できないのが魯山人の名が残った理由なのかなと。

わたしはひとがなんと思おうとかまわぬ気で告白するが、今日わたしほど美食に体験を持っている人間は世間にほとんどない。朝から晩まで、何十年来片時も欠かさず美食の実験に浸っている。まったくわたしのようなものはまずないと信じられる。この点では僭越ながら世上広しといえども、自分は美食家として唯一とはいわないが稀有の存在であると信じている。もとよりそれが善事とも悪事とも思わないこと、もちろんだ。

偉いこととも思わねば、馬鹿な所業だとも思わぬ。ただそういうふうに生まれ合わしてきただけだと思っているまでではあるが。とにかく、誰がなんといっても美食没頭の体験においては人後に落ちない自信を有している。従って、あらゆる美食を尽くしていると告白するに躊躇しない。この日夜飽くなき美食何十年の実際生活を基本として至公至平に判断するとき、ふぐは絶味も絶味、他の何物にも処を異にすると断言してはばからないのである。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20170123

2017-01-16 このエントリーを含むブックマーク

  • 仮面ライダーブラック 第一話『責任』
    • 南ヒカリ(26)は改造人間である。中堅特殊警備会社に勤務する彼女は怪人摘発のノルマを達成すべく今日も働く。
    • 「逃げられた、じゃないでしょ。それ報告になってないでしょ。報告ってどう言うべきかわかってる? 南さん、あんた何年目だっけ。もう三年目でしょ。そんな報告で給料もらってて恥ずかしくないの。うち慈善事業じゃないからね。 NPO とかフリーでやってもらう分にはいいですよ、『逃げられた』でも。う、ち、は、怪人捕まえて政府からお金もらってるわけ。捕まらなきゃお給料どうやって出せばいいのさ。湧いてくるわけ? 札が。いいね札温泉。そんなんあったらオレも欲しいわ。ないからね、そんなの。稼がなきゃだめなのよ。うちの小三のガキでも知ってるよそれ。ねえ。言うことないわけ。メンテナンスも毎日きっちり受けててさ。その費用どこから出てるからわかってるよね? 慈善事業じゃないのよ? ほんっとにさ、改造人間はコスト高くてたまったもんじゃないわ。同期の天道くんさ、今日もノルマ達成ダブルスコアで定時上がりなわけよ。彼ノーマルタイプだからベルトだけメンテすりゃいいし、会社への貢献度ハンパないわけよ。でも南さんも天道くんも基本給いっしょなのよ。これっておかしくない? 親御さんに「働かざる者食うべからず」って教わってない? ほんと困るんだけど。ねえ、そんじゃさ、逆に聞くけど、どうしようと思ってるわけ? 責任ってものがあるでしょ、せ、き、に、ん。ここまで言わないといけないの? ほら、泣いてどうすんだよ。泣いたら給料出ると思ってんの? ホントそういうの勘弁してほしいんだけど。いま業務中でしょ? 仕事さえやればあした日曜でしょ。明日になってから好きなだけ泣きゃいいでしょ。……はー、じゃ教えるよ。逃げられたじゃないんだよ。逃げられたからいついつまでにリカバリーします、でしょ報告だったら。それ以外に責任の取り方なんてあるわけ? ないでしょ? じゃいつ捕まえてくるか教えてよ。それ聞かないとオレだってどうしようもないでしょ。オレ南さんの親じゃないんだからさ。なに、今日中? 今日中って何時さ。は? 『何時までに捕まえればいいですか』じゃないでしょ。何時でもだよ。だから、捕まえる以外に責任取れるのかってさっきから言ってるだろ! 同じこと言わせんじゃないよ! ……あー、もういい。行っていいよ。ノルマ達成してくれりゃもういいから。はい。それじゃ今日中ね。あ、タイムカードだけちゃんと切ってね。」
    • 定時(とき)を超えろ 空を駆けろ この成果(ほし)のため 熱く燃やせ 涙流せ 明日という日に 仮面ライダーブラック 仮面ライダーブラック

xx-internetxx-internet2017/01/16 07:25たいていの仮面ライダーは無給なので、ブラックよりももっとドス黒いなにかだ。

ii2017/01/16 10:26ブチ切れた社員が中東あたりに行方をくらまして悪の組織立ち上げて報復に来るところまでは何となく見える

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20170116

2017-01-05 このエントリーを含むブックマーク

  • 最近楽しんでいるものシリーズ『ワールドトリガー』
    • 休載しちゃいましたね。葦原先生には無理せずゆっくり療養していただきたい。我々は冒険王ビィトの続きだって待ったのだ。
    • 『ワールドトリガー』の世界観は他のジャンプ作品と比べて独特だと思うんですが、 FPS をそれなりにやったことがある人ならどういう理屈であの世界が構築されてるか分かるはず。それがしも『ボーダーブレイク』だけやり込んだ程度ですが、あれは FPS の世界設定を肯定しつつ物語をくっつけることに特化した作品なんですよね。
      • FPS ではやられた自キャラがロストせず、多少スコアを落とす程度ですぐフィールドに復活できる。これをリアリティを保ってジャンプ漫画にするためにはどうするか。ドラゴンボールのバーゲンセールをするわけにゃいかない。では生身で戦っていないことにしよう。トリオン体だ。派手なバトルをして手足の二三本吹き飛んでも頭を輪切りにしても問題なし。コミックコード的な意味でもコレクトネスだ。
      • 内ゲバはジャンプ漫画の華。魅力的なキャラクターをたくさん出したなら内ゲバをやらせて対立構造を作ったり解消したりまた作ったりしない手はない。しかし生身で刃を刺せば角が立つ。とかく少年誌は窮屈だ。ようござんす、模擬戦でランクマッチやりましょう。イベントとして異世界からの侵略者もよこせば、切磋琢磨するライバルたちが頼もしい味方として立ち上がってくるオールスター感も描ける。
      • アタッカー、ガンナー、スナイパーの区分といい、手榴弾的なメテオラの存在といい、姿を隠せるバッグワームの存在といい、細かいところで FPS だなーと思う点は多々あります。なお作中ではメテオラの扱いがそれほどでもないですが、ゲーム上では手榴弾の類は恐ろしく強いです。何度殺されたか思い出したくもない。
      • FPS はゲームとしてプレイヤー同士の集団戦であるところから、他の RPG みたいな「おれが主人公でござる」みたいな特別感は作りにくいです。戦場に出れば誰も等しくキルレシオの数字。多少強かろうが硬かろうがヘッドショットされれば死にますし、どれだけ才能があったところで不死身の戦士にはなれません。だからこそプレイヤーはもっともっと特別なオンリーワンになりたくて装甲に色を塗ってみたりアバターにキテレツな格好をさせたりする。その「主人公の物語と FPS の戦術がミキシングされたサクセスストーリーが読みたいよ」という声なき声を具現化したのが『ワールドトリガー』なんじゃないでしょうか。
    • 雑兵などという兵隊はいないが君ら雑兵以外の何物でもないよね、という前提があるせいか、作中の戦闘バランスといいますか、キャラ間の力格差もちょっと特異です。いわゆる無敵のラスボス的な存在がいない。最悪の敵でもフィールドへの無限復活機能を無効化する HP 回復能力付き程度で、それだってスナイプをばしばし決められたら普通に損耗する。『BLEACH』の敵キャラと比べたらクリスマスケーキに乗ってるサンタの砂糖菓子かと思うほど柔らかい。だがそれが楽な敵かというとそんなことはない。味方だってノーガードで弾に当たれば風船よろしくパンと弾けておしまいですからね。攻撃力と防御力のバランスが他と違うので、当たらずに当てることに工夫をこらさなきゃいけないのです。そこに戦術なり戦略なりといった術が生まれる。側面攻撃や十字砲火の大切さを僕たちはゲームセンターで学んだ。
    • 話は飛びますが『ハチワンダイバー』で「将棋の棋風にも剛腕がある」ということを言ってたじゃないですか。澄野さんの世界に旅立つ前あたりに。後から『プリマックス』を読んで思ったんですが、漫画家って作中人物を説明したつもりではたから見ると自分の説明をしてることってありますよね。『プリマックス』が序盤でやったことって、クラスメイトに女装して踊ってほしい主人公が頼みをきかせるためにストーリー上の説得力が必要 -> ツチノコを捕まえる、ですよ。その賞金からクラスメイトへ百万円ずつ払って踊らせるという。ツチノコだぜ、ツチノコ。もっと穏当な方法なり事件なり作りようはいくらでもあったところに「ツチノコ捕まえて賞金一億ゲットさせよう」と考えてしまう柴田ヨクサル先生の棋風。後の展開で大金が必要なわけでもないのに。
      • あるいは柔道部の先生が達人だということを数ページで説明しようというときに GKO というあだ名を付けてしまう柴田ヨクサル先生の棋風。グレートティーチャーオニヅカ的なものではありません。ゴーストノックアウトです。修学旅行で旅館に幽霊が出ると生徒が騒ぐから天井裏を覗いてみたら、居て、
        • f:id:xx-internet:20170105051348j:image
        • f:id:xx-internet:20170105051435j:image
        • f:id:xx-internet:20170105051526j:image
        • いちいちオーバーキルなんだよ。このエピソードは明らかに面白すぎて「体育教師が強い」だけ伝えればいいところを別の何かが伝わっちまってるんだ。魚のあら汁作ろうってときにスッポン鍋をコークスで赤熱焚きするがごときテレフォンパンチ。鱗も骨もボロボロで何の魚だかわかりゃしねえ。
      • 何が言いたいかというと、トリオンモンスターことチカの「人が撃てない」という性格、あれは葦原先生の長所であり短所である「ド外道が描けない」という特徴を引き写したものなんじゃないかと思うのです。最初にあのセリフを見たときはちょっとおまいうのエッセンスを感じてしまった。
        • 漫画家たるものド外道を描けなければならないとかそういう主張をする気はないんですが、キャラクターリストを眺めて思うのは「この人捨てキャラを作れないんだろうな」ということです。一番凶悪なキャラでボルボロス使いのエネドラですからね。あれは単なる粗暴であって、しかもエネドラッドと化してからは意外と話が通じる NPC になってしまった。同じ粗暴でも『ダイの大冒険』のフレイザードを見たまえ。「オレは戦うのが好きなんじゃねえんだ、勝つのが好きなんだよォッ!」「バクチってのは外れたら痛い目見るから面白えんだよ、ヒャーッハッハッハ!」など数々の名ゼリフ、迷いなき功名心で読者に三分の理を感じさせるも女にも全く容赦しない残虐性と卑劣さで九割七分死ぬしかないと納得させる性格、全く悔恨しない上に即時再生怪人と化してアバンストラッシュの巻藁にされるゴミのような死、どれを取っても最高級品だ。これに比べたら山岡はんの鮎はカスや……。
          • 向いてないところで無理に競うより、持ち味をイカせと勇次郎さんも言っていたように別のストロングポイントを押し出すべきです。キャラを捨てたくないなら捨てなければいいんだよ。話が進むにつれて読者はボーダーの人たちと大体顔見知りのような気分になっていくし、ひょっとしたらネイバーの連中と再開する日だって近いかもしれない。そりゃキャラクターデータブックだって必要になります。
    • 好きなキャラはあまり思い浮かばない。子供の頃なら迅さんの飄々とした感じが好きだったかもな。ものすごい強い個性の誰かが場を作るというよりは、一人前の思考力を持った個々が判断しつつ動いていくことで場が形成される作品って感じなんですよね。また FPS の話をしますが、この作品のキャラはいわゆる効率厨の気配がめりめりしますね。効率厨でない人の方が珍しいくらいだし、作者コメントでも「そういうアホの子が最適解でないムーブをすることで話を動かしてくれて役に立つ」的なことを言ってます。ほぼ全員が冷静だし効率的だ。訓練された廃人集団のようですね。強いて言えば木虎が好きかな。ツンデレとか花澤香菜とかそういうことじゃなくて、ド効率厨の匂いがするから。カードゲームでコストパフォーマンスの高いコンボを見い出すタイプのプレイヤーですよね、スパイダーを提案するあたりが。

テラライトテラライト2017/01/11 20:00葦原先生が療養中にアシスタントに外伝でも描いてもらったりしたら良さそうですけどね。
ちょっとだけ語られたボーダー設立前の話とか。
登場人物8割が終盤で命を落とすのが前提、読者も事前に覚悟して読む悲壮感

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20170105