Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2007-01-11

『焼きたて!!ジャぱん』最終回に寄せて 『焼きたて!!ジャぱん』最終回に寄せて - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『焼きたて!!ジャぱん』最終回に寄せて - イン殺

「空前の作品であったと思う。ネット界隈では総じて『ジャぱん』への評価が低かったように思うが、個人的には悪くなかった。というか極端に面白かった。他の漫画では得られない快感を味わえたというか。」

「巷で言われるように橋口たかし先生にやる気がなかったとは思えない。素人の勘なので話半分に聞いてほしいのだが、むしろ橋口先生はノリノリであったように思う。料理漫画のセオリーをひっくり返したというか、ぶっ壊したというか、曲げすぎて自分でも何が何だか分からなくなっていた感はなきにしもあらずだが、あの暴走は理性でコントロールされたものとも、惰性で突き進んだものとも思えない。恐らくは本人も言語化しえない独特のテンションがあったのではないかという気がする。漫画家の原動力は異常な作家でもというか異常な作家だからこそ推測しやすい面があって、たとえば板垣恵介は本人の弁を信じるなら"金と名誉"、許斐剛や久保帯人は"美意識"あたりで説明できるが、橋口たかしは分からない。自作に淫しているにしてはキャラクターに愛着がなさすぎるし、読者の意表を突こうとしている割には妙に少年漫画のお約束に忠実な面もあり、結局何をやりたくて『ジャぱん』の物語を進めてきたのかは推測できない。金のために働くのでも、自意識のために働くのでも、もう少しやりようはありそうなものだが。」

「脱線するが、作品自体のためというより連載そのものが何らかの主張である漫画というのは過去にあった。柴田亜美が小室哲哉を主人公として描いていた『TKman』が思い出される。この作品は宣伝文句を信じるならば小室哲哉に一切許諾を取っていなかったらしく、それでも毎週スピリッツにきちんと連載されていた。主人公 TK がレストランのウェイターの顔を札束でひっぱたいて店ごと買ったりする話だったので、どのみち許諾が下りるわけがないという開き直りがあったのかもしれない。これなどは毎週そこに載っているという事実そのものが痛烈な自己主張であり、ギャグの出来がどうこうは二の次で面白かった記憶がある。一番笑ったのは友人から「小室哲哉は『TKman』読んでるらしい」と聞かされたときだった。まあ知らないわけがないのだが。これといい、『最終兵器彼女』といい、 90 年代後半のスピリッツはタガの外れた連載が多かったように思う。『ジャぱん』最終回のダルシム化を見てふと思い出した。 CAPCOM 未承諾だが最終回だからやっちゃえという轢き逃げ犯じみた論理は単行本化を考えて喋っているのだろうか。その実ちゃんと許可を取っている可能性もあるのだが、それはそれで CAPCOM にどう話を持ちかけたかが気になる。まさかスト 2 の開発者もパン漫画の最終回にキャラが使われるとは想像もしなかったに違いない。」

「また話が飛ぶが、『ジャぱん』といえば唐突なタイアップが思い出される。桃屋ののり平さんとパン対決をして負け、「のり平さんじゃ仕方ないな」と主人公サイドに言わせてみたり、日本各地をドサまわりして名産品を使ったパン対決を繰り広げてみたりといった試みは、しかしどの程度サンデーにとってメリットがあったかは分からない。ローソンと提携して『ジャぱん』のパンを実際に販売していたことからして、一定の需要はあったのだろうと思うが。サンデーでは『ワイルドライフ』も同様に唐突な展開が多く、取材結果を加工せずにそのままストーリーに放り込むところから、この二作を読むたびに生煮えの鍋をつついているような居心地の悪さを感じたことを思い出す。慣れればなんてことはないのだが。そういえば『ワイルドライフ』に橋口たかし先生が出演した回があった。意外と編集者でつながりがあるのかもしれない。」

美餅美餅2007/01/12 01:26さすがtreasureで52100件出ましたが、普通名詞なんで微妙…。

美餅美餅2007/01/12 01:50さすがniftyで120万件。セガやホンダなんかもアルファベットの方が出ます。

美餅美餅2007/01/12 02:20すいません引用符付けてませんでした消していただけたら幸いです。

鉄2007/01/12 02:48"さすがアメリカ"企業じゃないか・・・

NAPORINNAPORIN2007/01/12 08:19アニメを見てはローソンのパンを毎週買いにいっていた家族を持つ身です。貢ぐならコミックス買えばいいのに。
橋口せんせいはお笑い志望だったということなので(萌え絵がうますぎるってのもネタか)、キャラとかカプコンを気に留めなかったりする、それ自体が彼の芸風なのでしょう。

yoyo2007/01/12 10:46ジャぱんのコミックス17巻には「橋口流ワイルドライフ」というオマケ漫画が載っています。
パロリ協力として担当編集者の名前があるので編集者つながりで当たってそうですね。

利根川利根川2007/01/14 01:39ジャぱんとワイルドライフには全く同じライターさんがクレジットされています。
その人が編集者かどうかはちょっとわかりませんが、つながりがあるのは間違いないかと思います。

SOUSOU2007/01/14 09:04まぁ元々コロコロでストⅡ全盛期に4コマ漫画
描いてたひとですし。

  2007/01/17 07:27編集の冠には触れないので?

うっほっほうっほっほ2007/01/18 19:27まず魔王編で一度最終回を迎える。
次に、今までのものを全て投じた「なんやて」ギャグをぶっ放す。
かつて同作者が連載していた、ストII4コマの単行本を買い集めているほどにその4コマが好きな自分には凄いファンサービスでした。わざわざ魔王編の後に、ファンサービスを用意してくれたのですから。
あれを受け入れられない人にとっては、魔王編で最終回なのです。
だから、最後のダルシムは古くからのファンへのサービスなのです。

GEEGGEEG2007/02/08 00:53さすがNEC の検索結果 約 587,000
となりましたよん

xx-internetxx-internet2007/02/08 22:20引用符ありだと 1,340 件です。