Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2008-06-07

[]考えろ。((c)『魔王』) 考えろ。((c)『魔王』) - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - 考えろ。((c)『魔王』) - イン殺

「業界のことは一切知らないので、毎週サンデーを購読している立場から。
サンデー読者が心情的に雷句誠先生を応援したくなる気持ちは非常によく分かります。『金色のガッシュ!!』が紛れもなくサンデー史上に残る傑作であるのに対し、『焼きたて!!ジャぱん』は紛れもなくサンデー史上に残る怪作であるからです。」

「ただ、雷句先生の主張も冷静さを欠いている点は多々あります。当たり前の話ですが作品と作者は別だし、空想と訴訟は違う。小学館も小学校ではありません。なので、クリエイターとしての雷句誠先生を応援することと、サンデー編集部または小学館を批判することは区別されるべきだと思います。具体的に言うと、件のエントリの中で一番引っかかった部分は以下。」

今、小学館の漫画編集者で、担当している漫画の資料(写真や文献)を自らの足を使って集め、漫画家に協力している編集者はどれだけいるだろう?寝ないで自分の担当する漫画のアイデアを考える編集者はどれくらいいるだろう?

(株)小学館を提訴。 雷句誠の今日このごろ。

「それは言い過ぎ。
一例を挙げると、現在サンデーで連載中の『金剛番長』は、作者と担当がうまくやっている理想的なモデルケースに見えます。前作『ブリザードアクセル』から打って変わったハジケぶりと悪ノリ、それを引き立てるハシラと登場人物紹介。なかんずくアイドル番長軍団というアオリは単行本に収録されてほしいほどの出来です。
他にも、少し前までの『絶対可憐チルドレン』はハシラの登場人物紹介でこまめな仕事をすることで有名でした。好きな寿司ネタでチルドレンの性格を端的に表現してみせた芸は大したものだったと思います。」

「ことほどさように現在のサンデー編集部にも見るべき人はいるわけで、だからこそ総論と各論は区別されなければならない。雷句先生の陳述書は強い信念と漆黒の意志に満ちた名文ですが、普段サンデーを読んでいない人間が小学館編集部を悪の巣窟か何かと勘違いしがちであるという意味で、強すぎる主張なんですよ。
おそらく、バカであっても愚かではない雷句先生は、その効果を分かった上でなお主張することを選んだのでしょう。しかし読者である我々は、誰の言葉であろうと、それが尊敬する人の言葉であればなおさら、自分でその真偽を精査する必要があります。『魔王』風に言うなら考えろ、考えろ、考えろ、考えろですよ。 xx は雷句先生の成果を非常に高く評価してますが、それゆえに現在成果を出しているサンデー連載作品をひとまとめに批判することや、まして漫画業界を一緒くたに切って捨てるような言動は厳に慎まねばならんのです。できることなら雷句先生サイコーと叫んで阿呆のようにサンデー不買運動とかしてみたいですけどね。」

「まとめると、雷句先生を応援するのは全く以って結構ですが、その主張を鵜呑みにして、読まずにサンデーを批判するのはやめてほしいということです。簡単でしょう? みんな大好きメディアリテラシーの初歩ですよ。」

「最後に蛇足。 http://b.hatena.ne.jp/entry/http://88552772.at.webry.info/200806/article_2.html のコメントや言及日記で"『金色のガッシュ!!』は読んでないが"という記述を見て、わたしの中の島本和彦先生が激怒したことを付け加えておきます。
……なんでお前らガッシュ読んでないんだよ! 読めよ! ビクトリーム様とかサンビームさんとかドラグナー・ナグル*1を知らずに雷句先生を語るなよ! 最終巻 18 日に出るから一気読みしてシン・ドラゴノス・ブロアのシーンで泣けよ!*2

「というわけで、わたしの中の島本先生は適当になだめておくので、その間に未読の方は『金色のガッシュ!!』と『玄米ブレード』と、あと未読であれば『うしおととら』単行本巻末のおまけクイズに登場するヒーローババーンに目を通しておいてください。」

金色のガッシュ!! 33 (少年サンデーコミックス)

金色のガッシュ!! 33 (少年サンデーコミックス)

玄米ブレード 雷句誠短編集

玄米ブレード 雷句誠短編集

*1xx が選ぶ『金色のガッシュ!!』名呪文三選の一つ。

*2xx が選ぶ『金色のガッシュ!!』名呪文三選の一つ。

利根川利根川2008/06/14 01:26うん、それは島本さんが猛っても仕方の無い話ですな。
ガッシュすら読んで無いとは、サンデーの売り上げ減たるや推して知るべし・・・それに関しては営業が悪いという話になりそうだから、しませんがね。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20080607