Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2008-12-08

[][]こんな『3月のライオン』はいやだ こんな『3月のライオン』はいやだ - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - こんな『3月のライオン』はいやだ - イン殺

だから『3月のライオン』は『ホーリーランド』的な漫画だと何度も言っている

  • 二階堂をショウゴくん的な立ち位置として見ると色々な妄想が立ち上がってくる。
    • 真剣で素人に負けそうになる零くんを見て絶叫する二階堂。「何なんだ!? おまえ本当に桐山零か!? 違う!」「そこで見てろ、オマエと互角の奴がどれだけやるかを!!!」
      • 奨励会をやっている者はよく"素人とやるときは中飛車一発でいいよ"と言う。
      • そしてジャンキー真剣師にボコにされる二階堂。
    • 真剣で二階堂と立会い、つい手加減がきかずボコにしてしまう零くん。以後零くんと二階堂の関係は微妙な感じに。
      • だが零くんがヒナちゃんを人質に取られてキレて鬼将会とやりあったときに助けに来る二階堂。公式戦では使えない殺し技を惜しみなく披露する二階堂。ちょうカッコいい。惚れる。二階堂、お前って奴は……!!
        • 今日のプロ戦で雁木は充分活躍しているとは言えない。しかし私は"強さ"において今もなお雁木に何の疑いも持っていない!! 何度も言うが雁木は武道である!!! 壊し合いから最低限選手を守る為に作られた競技(ルール)の外に雁木本来の恐ろしさがあるのだ!!
          • 対局の様子を Youtube に Up されて逮捕される二階堂。留置場で丸坊主に。

ハチワンダイバー』VS『3月のライオン

  • 路上のカリスマ、ハチワンダイバー
    • 理由があって路上に落ちたカリスマならカッコいいけど、ハチワンはただ単に奨励会を突破できなかった落ちこぼれなんだよね。後から秘話が出てくるかもしれないけど。
    • たぶんハチワンの家で対局。互いにテンパりまくりで話が進まない。
      • 「あの……お金、賭けないとダメですよね……」「へあっ。いや! いやいや! プロがそんな!! ダメですって賭け将棋なんて!! プロなんですから!!! 真剣師なんて人間のクズですから!!!」とか。腰の低い零くんと、それにへりくだって異常に卑屈になってゆくハチワン。話が進まない。
      • メイド服で見守る受け師さん & おねいちゃん。
        • 空気を読まずに「じゃあオッパイで」とか言っちゃう二こ神さん。ハチワンは本気を見せるが零くんドン引き。
    • 結局平手で打ちはじめる。 10 分切れ負けルールに戸惑う零くん。だがお互いに隙がない。飛び交う戦術。吹っ飛ぶ定石。紙面外でマジ対決する先崎学八段 VS 鈴木大介八段。詰むや詰まざるや。
      • 勝敗を明らかにしなかったために、途中経過から勝敗を予測した議論がネットのごくごく一部で盛り上がる。

1231232008/12/10 01:19果てしなく細かいことですが将棋は「指す」です。
囲碁と麻雀は「打ちはじめる」で問題ないです。

マジになってプロが対決するほど、
一般読者は引き離され、一部はより
盛り上げるんでしょうね。読みたいです。

xx-internetxx-internet2008/12/10 06:22『哲也』風に"ぶつ"とお読みください。

1ds1ds2008/12/13 02:58このエントリとはまったく関係の無い内容で書いてよいものかと思ったのですが、他に適当な場所も無く思えたので書いてしまいます。

ちょっとアレな感じの映画を愛すること山の如しと謳われたxxさんならチェック済みかもしれませんが、「ホット・ファズ」という映画が中々アレな感じで楽しめました。
個人的に気に入ったシーンは、「お城」での告白シーンと自転車両手放しシーンです。
前者も中々キュートで良い感じですが、後者はかの「シティ・オブ・エンジェル」のメグライアンの自転車両手放しに匹敵するのではないかと思われる名シーンです。全然重要なシーンではないけど。
色々と惜しいシーンも目立つ作品ですが、xxさんの感想を聞いてみたいので年末にお暇な時間でも出来ましたらぜひ見てみてください。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20081208