Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2009-02-01

[][]繰り返す海老 繰り返す海老 - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - 繰り返す海老 - イン殺

  • 検索語google:エビと日本人の息が思った以上に長い。何を期待してgoogle:"エビと日本人 読書感想文"で検索するんだろう。
  • 『バンブーブレード(10)』(isbn:9784757524774)。今までこの漫画を読んできてよかったとガッツポーズ。誰がこの展開を喜ぶというのか。土塚先生はいったい何と戦っているのか。これがわたしたちのリアル!
  • 「まだ未実装」の類の言い回しが気になる。"まだ"と"未"がかぶっている。『機動戦士ガンダム UC(7)』(isbn:9784047151437) 35 ページにも「まだ未調整」というのがある。気になる。
  • ヴォネガット作品の訳に不満があるとしたら、平安の祈りのテキストが若干長くてくどいところか。知る限り http://homepage3.nifty.com/akihi/pray.html が最も良い。
  • みんなはまちちゃんがはまちちゃん文体を捨てる日の衝撃に無警戒すぎる。
  • スタイルシートのせいで読みづらい blog を読むために確か数年前に agenda で拾った CSS 有効/無効切り替え bookmarklet を愛用している。
    • ごく稀に「このサイトは読みづらいですよ」とコメントした方がいいのだろうかと思うこともあるが余計なお世話なので言ったことはない。言われる分には「ご親切にどうも」と思うのだけど。
  • 『野武士のグルメ』(isbn:9784883809103)をもだえのた打ち回りながら読了。素晴らしすぎたので勢い余って『蠱毒のグルメ』のストーリーを考え始めるがそれはコミック/料理漫画トーナメント - Woshare Wiki だと気づいたので昔の自分が好きだ。
    • もちろんアクが強いキャラの方が強いのでジャンはガチ。
  • ある日突然、あなたの目の前に筒井康隆が降ってきて、百万円を差し出して「今日中に遣い切ったら君のものだ」と言ってきたら、あなたはどうしますか?
    • 百万円で筒井康隆を雇って自分専用の小説を書かせる、かな。原稿は誰にも読ませないで、ことあるごとに自慢する。
  • 宗匠の破壊力が高すぎるのでモーニングで『へうげもの』を追うのを止める。 8 巻は 2/23 発売ですよ。

[]『野武士のグルメ』(久住昌之、普遊舎) 『野武士のグルメ』(久住昌之、普遊舎) - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『野武士のグルメ』(久住昌之、普遊舎) - イン殺

「ブラボー。ブラブラボー。」

野武士のグルメ

野武士のグルメ

『野武士のグルメ』を概観して

あれはうけたよ。何だっけ。題名が出て来ない。あの。ほら。近所の定食屋で『生野菜定食 焼肉付きって何だそのメニューは。主従が逆だろ。このまずい定食屋で。ここの店主ちょっと面白いんじゃないの』って言ってたヤツ。あれは面白かった。
マク『生野菜定食、焼肉付き』ですか。あれは確かに笑えますな。
それからほれ。今日はタンメンを食うって決めて近所の中華料理屋に行って『ああ、タンメン』って言いながらタンメンを食う様を一から十まで細かく実況するヤツ。あれも好きだな。
マク『タンメンの日』ですね。あれは私はあまり買わない。
それとさ、すき焼きを食べに行って追加注文分を食いきれずに残しちゃって、『野武士はそんなことしない』って言ってる…
あのう。すみません。私も不勉強なのは反省しますが、『野武士のグルメ』って全部そんなのばかりなんですか。
マク「そんなの」なんて云ってはいけませんよ。ひとつのモティーフを少しずつヴァリエーションを加えながら何度も何度も書いていく。これは芸術家の表現形態としては極自然なことだよ。
しかし私はてっきり『野武士のグルメ』ってグルメエッセイだとばかり思っていたものですから。
そのとおりだよ。
でも今聞いたところではそうは思えないんですが。
マクそこが不思議なところでね。『野武士のグルメ』というのは、粗筋だけ聞くと凡そつまらない生活エッセイにしか感じられない。ところが実際に読んでみるとこれがグルメエッセイ以外の何物でもないんだよ。
作者の心象風景が延々と書かれていてな。しかもその独白たるや大したことも書かれていないんだ。昼飯に何を食おうとか。
マク庶民派ですな。矢鱈と食べ物のこだわりが強い。
食い物への執着は鬼気迫るものがあったな。それも安い食い物ばかり。冷やし中華とか。
マクアジの干物とか。
そんで、あのすき焼きの話は何だったかしらん。
マク『かっこ悪いスキヤキ』です。
そうだった。

『野武士のグルメ』の素晴らしさとは

「人柄、というしかないでしょう。『野武士のグルメ』の良さはまさしく作者の人柄がそのまま出ているがゆえの良さです。まずい定食に対して真剣に怒り、井の頭公園でビールを飲みつつ焼きそばを食べる時間をこよなく愛し、ニューウェーブ系ラーメン店の揃いの黒 T シャツとバンダナと大声の注文復唱に嫌悪感を隠さず、まずいラーメン屋を選んでしまった自分を心から責め、母親が語る戦時中のおはぎの思い出を淡々と綴る。知らない店には入れない小心さを隠そうとせず、サラリーマンの飲みには「こういう国の男たちと戦争をするのは、面倒くさいに違いない」と異人を見るように突き放してみせる。
およそ一切の気負いがないのです。このエッセイを読んで油断せぬ者はおりません。確かに人間は小さいし、それを笑ってあげるのが小ささをエッセイとして昇華した作者への賛辞でしょう。しかし同時に、こんないい生活を送っている作者を尊敬せずにはいられない。ここに描かれた人物は初期海原雄山と正反対に位置する食の達人です。海原雄山と一緒に食う飯は、おそらくまずい*1。しかし久住昌之さんと食べる飯は、それがいい料理であれ悪い料理であれ、きっと後から思い返すと「楽しい食事だった」と感じられるに違いありません。」

「作者は blog で『孤独のグルメ』ファンにこの本は受け入れられないのではないか、やっぱり漫画じゃなきゃダメなのではないかと心配していましたが、敢えてリンクせずに伝えます。そんなことないですよ。」

付記

  • 一篇目の『釜石の石割り桜』は文庫版『孤独のグルメ』のあとがき代わりに収録されたエッセイと同じかと思いきや、かなり書き直されてました。
  • 井之頭五郎ってもしかして近所の井の頭公園そのまんまか。
  • 友人へ私信。この本は貸しません。自分で買いなさい。

参考リンク

*1:大谷日堂と一緒の食事はまずいとは限らない。おそらくジャンの料理を一緒に食うなら最高の人物。

nakaonakao2009/02/02 12:03イン殺さんが執拗にダークナイトの感想を避けるのが気になる。

イタチイタチ2009/02/02 14:50素直にダークナイトの感想が知りたいと言えばいいのに
ちょっと笑った

nakaonakao2009/02/02 20:44その通りです。ごめんなさい。

xx-internetxx-internet2009/02/02 22:47"ラーメン点"の誤字を直しました。ご指摘感謝。

> nakao さん
一度書いて妙に長くなったので、もう一度観てから推敲する予定です。気長にお待ちください。もちろん大好きです。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20090201