Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2009-05-21

[]利休本 利休本 - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - 利休本 - イン殺

「二冊読みました。これで『利休にたずねよ』が読める。」

千利休―無言の前衛 (岩波新書)

千利休―無言の前衛 (岩波新書)

「余りにもオレ解釈全開だったので赤瀬川原平すげえと思いました。歴史的事実に関する不勉強とかをまったく取り繕う様がなく、むしろさらっと「小学館の学習まんが「少年少女・日本の歴史」のうち『天下の統一。安土桃山時代』というのを買った」とか書いちゃうのです。教養本は読んでて寝てしまうからという理由で。この開き直り方は同じ無教養者として見習いたいところです。」

「どういうオレ解釈が書いてあるかというと、例えばそうですね、古新聞のたたみ方は実は奥深いものがあって、きっちりと真四角に締めて、しばったときにきれいな直方体になるようにする技術は極めるとなかなか美しいものがある、でもそれは家人からすると"何を下らないことに一生懸命になってるの"と言われてしまう、何の経済的利益もない、しかしそういった儀礼化は安心を生むとか何とか、だいたいそんなようなことが書いてあります。言いたいことは分からないでもないんですが、こういうオレ理論の語り方には覚えがあります。柴田ヨクサルの漫画に出てくる人に似てますね。」

「左様にオレ解釈全開であるので、この本が利休を学ぶ上で手助けになるかというと大方なりません。なので、それこそトマソンを眺めるようなほほお面で読むのがよろしいかと存じます。」

千利休

千利休

「すげえまともな伝記漫画でした。伝奇じゃなくて伝記。」

「松永久秀が孔雀みたいな襟になってるとか、住吉屋宗無がらみのエピソードとか、若干の稚気はありますが、全体的に全くの白利休であり、歴史的事実を初めのところから語りはじめて終わりに行ったらやめるあたり、参考書としての価値は高いです。教科書のように読むがよかろうなのです。」

黄不動黄不動2009/05/22 21:57トリアエーズ、マリーダの過去話は散々プル&プルツーをおもちゃにハアハアしてきた連中には強烈なカウンターになったかと。
少なくとも俺は自分の醜悪な姿を鏡写しにされた気分がしておおいに鬱になりました。

xx-internetxx-internet2009/05/23 06:59> 黄不動さん
その発想はなかった。あれは単にジンネマンとの信頼関係を演出するための鬱設定だと思ってました。
兄メカの暁にはあの設定こそがハアハアな人もいると思われるので、あまり嫌がらせとして機能しない気がします。

祇尾祇尾2009/05/23 19:54>マリーダの過去話
ガンスリンガーガールでもそんなことが言われてました。「自分を兄と無邪気に慕う戦闘少女」=「暗い過去の記憶を洗脳によって消され、人体改造の受けた犯罪被害者」という設定が「妹萌えとか、ヤンデレ萌えとかにハアハアしてきた自分の身勝手な罪業を突きつける」ということだそうです。ちなみに、伝奇小説でマリーダさんと似たような設定のキャラクターて存在するのでしょうか?山風先生なら書いてそうな気はするのですけど…。

xx-internetxx-internet2009/05/25 07:28> 祇尾さん
単に鬱設定の人はくノ一あたりにたくさんいますが、嫌がらせ目的で設計された人は寡聞にして心当たりがありません。『処刑御史』のヒロインは余りにもドリーミーなので逆に嫌がらせと思えなくもないですが。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20090521