Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2009-07-19

[][]美醜は自ずから時価でござるの巻 美醜は自ずから時価でござるの巻 - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - 美醜は自ずから時価でござるの巻 - イン殺

  • いまさらながら"ホストガール"という言葉の創意に惚れる。
  • ジャガーさんに出てきたミザリー化メアリ・スーは厭なリアリティがあって実に厭ですな。
    • ガリクソンプロ男子どもが軒並み細長いところとか。
    • 高菜に対するおう吐をもよおすような憎悪とか。低年齢のテニプリファン婦女子が「咲乃死ねー!」とブーイングしていたのを思い出した。
  • こんな序盤でランスロットを出してしまった『黒子のバスケ』は久しぶりに競技を終わらせるジャンプスポーツ漫画なのではないかと期待深々。
    • バスケはスコアの上限がないので、……どうする? ボール支配率最強 + コート全域からスリーポイントのコンボだろうか。
  • 世に漫画家は数あれど、『バクマン』に心からのマジ殺意を抱けるのは青山剛昌先生をおいて他にいないような気がしている。
    • 漫画家の夢は自作アニメの主演声優を嫁にすること、という人口に膾炙した非常識に対して「違いますよ結果じゃなくて最初からそれが目的ですよ純愛ですよ」と真顔でのたまってから粛々とサクセスストーリーをつむいでいくわけですからね。たぶん『バクマン』サイドにその意図はないと思いますが、結果的にこれほど手ひどい DIS もない。
      • 主演声優を嫁もしくは婿にした漫画家って他に実在するんだろうか。嫁が自作ヒロインに似ている漫画家、もしくは嫁に自作ヒロインのコスプレをさせた漫画家は心当たりがあるけど。
    • 『バクマン』の順位乱高下にメタフィクションの強さを見る。ありゃどうみてもエンターテインメントずら。
  • 掲載順位チキンレースを始めてから『めだかボックス』『AKABOSHI』を読むのがすげえ楽しい。やっててよかった。
    • 『AKABOSHI』はもうちょっとだけ頑張れるはずだ。頑張れるはずなんだ。
  • 『真マジンガー衝撃! Z 編』、『対決!悲しみの青きドナウ』。
    • 笑いっぱなし。おまえら今川マッドサイエンティストはどうあっても子々孫々に傍迷惑なロボットと傍迷惑な運命を遺さずには死んでゆけんのか。むしろ傍迷惑なロボットが完成した瞬間こそがおまえらの死にどきか。山は死にますか。海は死にますか。兜十蔵は死にませんか。
      • バシュタールの惨劇クラスになるともう国破れて山河が残るレベルでもないのでマジ迷惑。失われた理想を子で晴らそうとするのはやめなさい。見苦しい。
        • 「えーマジ亡国!?」
          「キモーイ」
          「国破れて山河在るのは 19 世紀までだよねー」
          「キャハハ」
    • 錦織つばさほどの人物がなぜ死んだはずの兜剣蔵の立体映像をつくりものと見抜けなかったかって? そりゃあまりにもリアリティがあったからですよ。奴ら死んだと言われても全然死んだ気がしないもの。
    • もしかして女性キャラって錦織つばさとお菊ばあさんしかいないのか。ガミアやローレライはアンドロイドだし。
      • あしゅら男爵の半分。それはまた実に通好みといいますか。
  • 気の迷いから『極上!!めちゃモテ委員長』を視聴したら面白かった。
    • あらすじ? 委員長が恋にウジウジ悩む同級生とかに「そんなことじゃ立派なモテ子になれませんわ!」「わたしのコーデでオシャレ大作戦ですわ!」とか説教してファッションの小ネタを語り倒すアニメ。
      • モテ子 -> 数寄者、コーデ -> 創意と読み替えるライフハック数寄とはすなわち、おのれの美意識を他人に押しつけることに他なりませぬ。
      • 『極上!!オサレ皇帝(エンペラー)』。「そんなことじゃオサレの天国に到達できねーぜポウゥ!」「まずは新宿までこの包みを届けて三万ゲット大作戦だぜポウゥ!」出てる出てる G10 くんオーラ出てる!
        • 先週のスピリッツは花沢健吾の新連載が一番面白かったです。猟銃オンザランもしくはルサンチバクマンと見せかけてそれか。ひさびさに『最終兵器彼女』と同じ種類の新連載スタートダッシュを見た。
      • 一番笑ったのはwikipedia:極上!!めちゃモテ委員長を見て委員長が元ヤンだと知った瞬間。それがし、ここから二つの教訓を得たでござる。
        • ひとつ。ウンチク漫画はオヤジ漫画誌の専売特許とは限らないということ。子供だって利の計算くらいする。同じ楽なら得せにゃ損損。ヤットナーヤットナー。
        • ひとつ。転び者こそが真の原理主義者として振舞うということ。フレッシュプリキュアで言うとキュアパッションの変身シーンが一番気合入っているようなもの。
          • キュアパッションをキュアパッションフルーツという正式名称で呼ばないのはそこはかとない新人いびりではないかと邪推している。キュアピーチ、キュアベリー、キュアパインと並べたら一人だけ情熱が抑えきれない人みたいじゃないですか。
            • 感情まかせの仕事がしたい人は今すぐ退職してプリキュアにでもなりなさい! とわたしの中の熊耳さんは言った。
      • さておき、 Wikipedia の委員長に対する記述に見られるそこはかとないヤンキーへの悪意が感じて Knight で強きものよ。「ヤンキーだった頃の本性」は要出典付けなくていいのかな。

中学時代は伝説のヤンキーとして恐れられており、未海の名前を聞くと、恐れをなして逃げる者もいる(高校生になっても彼女の過去を知る者がいれば逃げ、それを見たルイに過去を聞かれるが「ちょっとヤンチャしていただけ」とごまかしている)。しかし中学の卒業式の日に告白した相手から「委員長タイプの女の子が好き」と言われて失恋してからは一念発起、自分の素性を知らない高校へ進学し「パーフェクトな委員長」を目指して努力を重ねている。ただしその努力が時として変な方向へと向けられており、誰に対しても「ですわ」調の行き過ぎた敬語で話すのが口癖になっている。相手の魅力をアップさせるための美容・ファッション・マナーなどに関するアドバイスをするのも得意だが、相手が自分のアドバイスに従わない、自分はキレイじゃない等のネガティブ発言をするとヤンキーだった頃の本性をむき出して怒り出すこともしばしば。ただし、その場合でも「ですわ」調の敬語は変化しない。また、おだてに弱く、それが原因でトラブルに巻き込まれる事が多い。

hulk83hulk832009/07/19 17:19ハングリーハートの高橋陽一先生も翼くんとご結婚されてますよ。

tyokoratatyokorata2009/07/19 21:04今川アニメの「親の因果が子に報い~」はもはや伝統芸能化しているので、もはや子供がいかに苦しむ姿と親がいかに楽しそうかを楽しむアニメと割り切るかがポイントですな。
今のとこヴァシュタールが被害規模が最大ですが、早乙女博士もいい線いってたと思います。

個人的には今川ハーメルンのパンドラ母さんを推したいところ。

親子四人で仲良く暮らすために、世界全てをいけにえに差し出した最悪の魔女ですから。

通りすがりの通りすがりの2009/07/19 21:46さやかさんマジ空気。そりゃ忘れられても致し方なし。

xx-internetxx-internet2009/07/20 09:55> hulk83 さん
ジャンプ作家の話をしてるんだからせめて『CHIBI』の高橋陽一先生って言えよ!
情報ありがとうございます。そういえばそうでした。

> tyokorata さん
今川ハーメルン観てないですが興味がわきました。

> 通りすがりの仮面ライダーさん
あ。
そういえばロボット軍団の双子もいました。どうしてあの人たちは出てこないんでしょうね。

tokitatokita2009/07/20 16:03永野護先生は「嫁にした」のと「自作ヒロインの声優にした」のはどっちが先でしたっけ

祇尾祇尾2009/07/20 22:41キュアパッションは「キリストの受難(パッション)」的な意味でのマジ…いや、本気パッション。何よりパッションフルーツ自体、メインの児童はおろか大友も知らないでしょうから、せつなさんを通して、「パッション」を知った児童は果物より、ジーザスクライスト・スーパースターを知ることでしょう。

xx-internetxx-internet2009/07/21 06:44> tokita さん
Wikipedia の記述を信じるなら「交際十二年」とあるので、結婚が後のようです。

> 祇尾さん
ユダのくせに受難を気取るとはなかなか太い根性です。

通りすがり通りすがり2009/07/21 22:26デビルマンも「父の残した地下室の変な像」を頭にかぶってストーリーが始まったような。
父迷惑。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20090719