Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2009-08-21

[][]『柳生十兵衛死す』読書メモ 『柳生十兵衛死す』読書メモ - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『柳生十兵衛死す』読書メモ - イン殺

「満を持してファウード汁であるところの『柳生十兵衛死す』を読み始めたわけですが。」

「わが柳生の剣はいうまでもなく新陰流だが、そのもとは室町の世のころ、愛洲移香斎という大剣人が創始した陰流という剣法だ。陰流とはわが心を敵に陰(かく)す剣法だという。剣の勝負は未発のうちに相手の心を――いかなる攻撃をしてくるかという――読むことできまる。名人とはすべてこの能力にたけたものだ。陰流とは、それを敵に悟らせぬ剣法であったという」
「ほほう。……」

小学館文庫『柳生十兵衛死す(上)』剣と能 P42

「真田副部長!
しかしまあ風林火陰山雷に当てはまる超人系(パラミシア)能力を考えてくださいと言われれば、陰はこれしかないんじゃないかという気もします。許斐剛先生が山風を読んでいるという想像は大変の上に大変が付く魅力を秘めていますが、まあそんなことはないでしょう。」

メモ

自然系(ロギア) "火拳"のエース"黒ひげ"マーシャル・D・ティーチ 神・エネル

「能の舞いに、目前心後ということがござる。すなわち眼で前を見ながら、うしろに、もう一つの眼をおかねばならぬ。見物から見られる演者の姿は、自分の眼を離れた他人から見た姿でござる。自分の眼が見ているものはすなわち我見で、自分のうしろ姿を見ることはできぬ。他人の眼で見れば、自分の見ることのできない身体のすみずみまで見とどけて、五体つりあいのとれた幽玄の舞い姿となることができる。……ま、かようないみでござるが」
十兵衛はしばらく考えて、
「つまり、ふつうの両眼以外に、舞う自分を見ている別の眼を持て、ということだな」
「さようです」
と、竹阿弥はうなずいた。

小学館文庫『柳生十兵衛死す(上)』剣と能 P26

「離見の見(りけんのけん)の秘伝を説く竹阿弥。セカンド自分!」

[][]香子の出番が少ないので超省力版『3月のライオン(3)』感想 香子の出番が少ないので超省力版『3月のライオン(3)』感想 - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - 香子の出番が少ないので超省力版『3月のライオン(3)』感想 - イン殺

f:id:xx-internet:20090822172837j:image:w320

f:id:xx-internet:20090822172941j:image:w320

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)

[][]上田左太郎の可愛さは異常 上田左太郎の可愛さは異常 - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - 上田左太郎の可愛さは異常 - イン殺

  • 楽しいことはたいてい不健康であるか、非生産的であるか、でなければ反社会的。
    • 逆に言えば、健康的かつ生産的かつ社会的な趣味をゲットすれば人生イエスだね。
      • つまり娯楽としてのボランティアは侮れない。
    • 不健康かつ非生産的かつ反社会的な娯楽がエクストリーム楽しいという倒錯はなきにしもあらず。
  • めちゃモテ委員長の己がセンスに対する自信はどこから生まれるのかが気になる。初手から超強気の天才キャラ。ああいう感じで何やっても全肯定される人というと、わたしの中で真っ先に手を挙げるのはクラウザーさん。裏返って根岸。
    • 「わたしがやりたかったのは、こんなオシャレじゃありませんわ!」的な流れでレイヤー界隈に流れる委員長というのはどうか。モテカワ方面では一向に芽が出ず、気の迷いから踏み込んでしまったコスプレで承認を得てどっぷりハマってゆくサクセスストーリー。サクセスストーリー?
      • そういえば映画『DMC』の話のときにクラウザーさんと宮本昴に共通する「あたしってかわいそう」について語ってなかった。迫害される天才と自己愛。焼けた鉄板としてのステージ。
  • 真マジンガー『遺恨! くろがね屋の一番長い日 中編』。作画が割かし大変なことになっとらはりますなあ。でも突っ込むべきところはそこじゃないと思う。
    • えーと、バードス島に四人のマッドサイエンティストと一人のパイロットがいました。「さて一番悪いのは誰?」「マッドサイエンティスト全員」「それ甲」
      • マッドサイエンティスト J がオーパーツを掘り出したので、マッドサイエンティスト H が J を殺してオーパーツを奪おうとしました。 J は K と T と一緒に逃げようとしましたが、 K が裏切ったので逃げられなくなり、触手系機械と一体化した K がすげえ嬉しそうに J と T を殺しにかかりました。その瞬間なぜかオーパーツが発光してマッドサイエンティスト J が「そうか! 光子力の秘密とは!」とか何とか叫んでる間にパイロット鉄が殴りこんできて「 K もろとも俺を殺れーッ」って叫んだのでマッドサイエンティスト T は機関銃で K と鉄を蜂の巣にしました。「さて一番悪いのは誰?」「監督と原作者とその友達の頭」「それ甲」
        • ガタガタ言わんと花札で決着つけたらええんや!
          • そういや『サマーウォーズ』観ました。普通に面白かったので「一度上げたバクチのレートは二度と下がらない! アバター界においてもぱっぽん堂 M さんルールは健在! たぶん敵にすねいく混ざってる!」くらいしか言うことはありません。
  • あめつちひと。サブタイトル『五人の兼続』に兼続スーパー・フェニックスを連想させられてしまう屈辱。ゆで言語、未だ覚めやらずっ……!
    • 兜の字が愛なのが兼続。智が兼続スーパー・フェニックス。兼続ゼブラは技。兼続マリポーサは飛。兼続ソルジャーは殺! 兼続ビッグボディは力! 統一性ねえー! せめて仁義礼智忠信孝悌くらいゆえよ!
      • 真面目な話、といっても所詮ゆでの話でアレですが、なんで智技飛殺力? ゆで先生の天才的センスが本質を直観しちゃったんですか?
        • 飛翔は浮くと思われがちであるが、力には技、技には魔法、魔法には力から考えると魔法に最も近いのは飛翔。ゆえに残虐と知性が余る。
          • そもそも勝利の方程式の中に残虐は入らないしな。飛翔もいらないけどあって邪魔になるもんでもないのに対し、残虐はあると明らかに邪魔。戦いにおいて過度の残虐性は甘っちょろさと同じくらい危険。尸良が不死能力なんか持ったって活かせるわけないじゃないですか。だってあいつ趣味だもの。
    • ああ、天地人? じゃ豊臣五大老のどれがスーパー・フェニックスかから決めましょか。
  • 不死鳥乱心波と鳳凰幻魔拳の関連性について。「不死鳥と幻覚の親和性は高い。つまり火の鳥もメダパニ持ちだったんだよ!」「な、なんだってー!?」
    • 「不死鳥乱心波ーっ!(パワワワワ)」画像が矢も盾もたまらず欲しい病。超人たるもの自分のテーマを冠した乱心波のひとつくらい出せて然るべきだよな。たぶんニーチェもゾロアスター乱心波くらい出せる。
      • 本気になるとロシア語だったホーロドニースメルチと同様に、ツァラトゥストラ表記だと本気のスーパーアーツ。
      • わたしの中の文豪ファイトはゾロアスター乱心波とタッキーの蟹光線が絶賛連打合戦中。弾け飛ばせかめはめ波!
      • 「覗き込むオレと覗き返す深遠で 200 万パワー! 通常の 3 倍の深遠で 600 万パワー! そして 2 倍の覚悟を加えれば……、アンガージュマン! おまえを超える 1200 万パワーだーっ!」「ああーっとニーチェの体がビッグバンパンチにーっ!」
  • 「感情まかせの仕事がしたい人は今すぐ退職して芸術家にでもなりなさい!」「感情まかせの仕事がしたいから芸術家になったのだ!! プロの感情を見せてやる!!」
  • 強さとは己の意を通す力、ぶっちゃけワガママを貫く力ってことさ。((c)松尾象山)
  • 【急募】フレッシュプリキュアのエンディングとアイマスがどのくらい別物かに関する最低 10KB くらいの解説
  • 『月光条例』のよさはもうファンタジー説教であり説教ファンタジーであるところとしか言いようがないんじゃないのか。
    • それがしも……、それがしも気に食わないファンタジーに介入して「それでもガマンだ!」とか気合が入りすぎて崩れた絵柄で説教してみたい……。
    • 鯛は頭のあれが本体で下の人は義骸だと思ってたので、タイブーメランには安川パンチを初めて見たときのようなショックを受けた。あれがタイ捨流!
  • 煽りに使えるへうげもの画像集を考えるに「このぶどう酒おいしおすなあ」の破壊力は意外と高い。「おいそれぇ! ノン!」は通常技。「抱き合えい!!」は魔。
    • もちろん宗匠、特に末期の宗匠は別格。「そのような格好よさ自慢はその方のさもしき家中に留めておくがよい」の厄さときたら。
  • 闘・食・性など本能に根ざす分野と直結した漫画は必ずジャンル化するが、しかしバトル漫画オンリー雑誌がないのはなぜか。ということをグルメ漫画専門誌『食慢』を読みながら考えた。
    • 一方、食欲・性欲・睡眠欲のカテゴリでは睡眠欲のみがジャンル化していない。これはおかしい。確かに睡眠は食・性に比べてバリエーションが少なくフェティシズムと結びつきにくいきらいはあるが、そこを敢えて狙ってもいいのではないか。
      • 山崎紗也夏『シマシマ』は添い寝屋という職業柄、若干睡眠に近い。しかしメインテーマではない。
      • 世界各国の様々な睡眠習慣を紹介しつつ人情話を混ぜる睡眠ソムリエの話。「全然なっちゃいませんね。明日夜 11 時に帝国ホテルの 666 号室に来てください。本物の熟睡というものをお目にかけますよ」
        • 「テンピュール枕がうんたら」「おお! あの般若のような形相だったモデルはんがこんな穏やかな寝顔に!」「すごいわ川浪さん!」「よろしければ皆さんもご賞味ください」雑魚寝かよ!
          • しかしモデルをたたき起こして連れ帰るのもかわいそうだし、かといって「よかったよかった」って川浪さんとモデルをホテルの部屋に残して帰るわけにもいかないしな。
      • 『ドラえもん』が通った道だが、世界昼寝選手権。パタ「グウ……」「世界記録です!」

BoeqBoeq2009/08/22 20:56最近のマイヒットにエヴァの二次創作ですが、柳生新世紀 ―使徒両断―というのが・・・柳生エヴァとしか言いようがない怪作です。お勧めっすよ。

masamasa2009/08/23 00:05『3月のライオン』を1巻から読み返していたら今更ながらに将棋のお父さんの極悪非道ぶりに唸らされる。自分の中の価値観を鋭く尖らせるあまり無自覚に周囲を傷つけるところは宗匠に通じるものがある。門人が彼を愛して止まないのも。

特にクリスマスのエピソードは普通にひどい。あんた絶対解っててやってるだろ、とツッコミたくなるような煽り。獅子千尋の谷どころか将棋版北斗宗家ですよ。ラオウとトキがいないジャギとケンシロウとキムの3人兄弟に向かって一言、「今から皆さんに殺し合いをしてもらいます」。最後に生き残ったものが最強の蟲毒となる。
すべては神様にケンカを売る為。その毒が自分を殺そうとそれもまたよし。武術家の中に修羅が棲むように棋士の心には獅子がいる。渡る世間は獅子ばかり。

虚人虚人2009/08/23 20:12厳密には睡眠欲をテーマにしてると言い難いけど
マシニストちう映画はどうでしょうか。
クリスチャン・ベールが50Kgにまで減らして熱演した不眠病者ホラー

machida77machida772009/08/23 21:40乱心波で画像検索すると一番目でヒット。Google恐るべし。
しかし技名が出ている場面でないのが惜しいです。
http://images.google.co.jp/images?num=50&lr=lang_ja&oe=sjis&q=%E4%B9%B1%E5%BF%83%E6%B3%A2

xx-internetxx-internet2009/08/24 07:15> Boeq さん
ありがとうございます。『百花繚乱』を見た時も思いましたが、以前余りにもノイズが多いのでキーワード"柳生十兵衛"をウォッチリストから外したせいで、今度は逆に柳生関係の情報に疎くなってきたようです。もう少し追いかけるようにします。

> masa さん
善意に解釈すると、お父さんは素で子供達が欲しいものをあげたんじゃないでしょうか。
仮説というか妄想ですが、お父さんの脳内で「将棋が好きなら強くなるはず」 -> 「強くないこの子は本当は将棋が好きじゃない」 -> 「将棋が好きじゃない子は駒を欲しがらないだろう」という三段論法が展開された可能性は。まあ、仮にそうなら余計「哀しいなぁ~、俺は哀しい」としか言いようのない話ではあります。
お父さんが呼吸するように寂然と子供達を死に筋と見なしている、という点は同意します。ただ、それももしかすると本気で子供達の将来を想ってのことかもしれません。「だって君たち才能ないから別な道に進んだ方が幸せになれるよね」的な。

> 虚人さん
その直後『バットマン・ビギンズ』で渡辺謙とやり合ったクリスチャン・ベールには金を払ってもいい気がしてきました。

> machida77 さん
全く同じ画像を探し当てて全く同じように「いささか物足りのう存じます」と思ってました。やはり自力でお助けせねば。

anotheranother2009/08/26 22:23イン殺さんが知らない筈はないと思いつつも、念のため『眠り人眠太郎』という検索用文字列をお教えしておくものです。

xx-internetxx-internet2009/08/27 07:23> another さん
すっかり失念しておりました。既に竹熊先生によって死に目と判定済みでしたか。これに新手を沿えて生き返らせるのはなかなか大変そうです。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20090821