Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2009-11-03

「最近読んだ漫画で話題になっていなさそうなもの。」

[][]『食戦記(1)』(中村博文、双葉社アクションコミックス) 『食戦記(1)』(中村博文、双葉社アクションコミックス) - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『食戦記(1)』(中村博文、双葉社アクションコミックス) - イン殺

食戦記 1 (アクションコミックス)

食戦記 1 (アクションコミックス)

「最近になってどうやら自分はグルメ漫画が異様なまでに好きらしいと気づき、その自覚がさらにグルメ漫画へと食指を伸ばさせる貪りの無間地獄に落ちつつある今日この頃。そんなとき、書店でついこの本をジャケ買いしてしまったのも歴史的必然といえよう。」

「あらすじ。人類は衰退しました。文化レベルは弥生時代くらいにまで落ちぶれ、人々は小国に分かれて剣槍弓矢で戦に明け暮れる、世はまさに大ヒャッハー時代。しかし、文化の芽は絶えていなかった。失われた食技術を伝え、いつか人々を蒼き豊穣の地へと導くに違いない一族・食師。これは若き食師・ワタルの物語である。」

「それがしの持論として、料理漫画とかグルメ漫画と言われるジャンルではリアクションおよび薀蓄が大変に重要であり、ここの出来が漫画自体の面白さに直結すると思っています。リアクションと薀蓄さえ素晴らしければたいていのことは許される、それが料理漫画です。その結果として料理漫画には必ずツンデレが登場するわけですが、まあこれは余談。
では、『美味しんぼ』をはじめとする様々な作品がリアクションと薀蓄の鉱脈をさんざっぱら掘りまくったこのグルメ漫画全盛期において、新鮮なリアクションを実現するにはどうすればいいか。日々描き尽くされてゆくグルメ世界にフロンティアはあるのか。
そこで『よし、いったんグルメ時代を粉々に崩壊させてみよう!』というチャレンジ精神のもとに描かれたのがこの作品です。いや、多分。」

「衰退した世界ではしょうゆやうどんがロストテクノロジーでありオーパーツである、というアイディアの面白さは、ごく日常的な料理技術ですら魔法化する異界性にあります。だって彼ら、鰹節や昆布でダシとか取れないんですよ。天ぷらも食えない、保存技術が拙いから内陸では寿司も食えない。カレーなんて夢のまた夢。この設定によって食師ワタルの"ふつう"の技術は俄然輝きを増し、食べる者からは感心でも歓喜でも納得でもない、ガチの驚愕を引き出します。」

f:id:xx-internet:20091104073841j:image

「このリアクションには金を払ってもいいと思いました。際立たせんと欲するならば、まずは落とすべし。」

[][]『東京お侍ランド』(ほりのぶゆき、小学館) 『東京お侍ランド』(ほりのぶゆき、小学館) - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『東京お侍ランド』(ほりのぶゆき、小学館) - イン殺

東京お侍ランド 1 (ビッグコミックススペシャル)

東京お侍ランド 1 (ビッグコミックススペシャル)

「時代劇漫画ファンなるものが一人残らず名著『江戸むらさき特急』を暗記するほど読み込んでいることは既に常識ですが、そんな尊敬を一手に集めてやまぬ漫豪・ほりのぶゆき先生の新刊が出ました。ケータイコミックの書籍化です。雰囲気をわかっていただくために一コマだけ引用しますが、たぶんこれで『へうげもの』ファンには大体伝わるでしょう。」

f:id:xx-internet:20091104073839p:image

「そのほかのネタ。」

  • 吉良上野介がブログでネチネチとあてこすりエントリを上げ続けたことに端を発する浅野内匠頭とのネットバトル
  • 信長の野望をプレイして人格が変わってしまい突如本能寺ブログを立ち上げる織田信長
  • モンスター足軽
  • 給付金ほどこし侍

「実に腰が抜ける話しか取り揃えておらず、最近読んだ中では『大阪万博』のトリビュート四コマと甲乙つけがたいほど下らないので、みな先を争って読めばいいと思います。俺たちの力でほりのぶゆき先生がケーブルテレビの時代劇チャンネルを日がな一日眺める生活を保証しようぜ!*1

*1:このサイトはほりのぶゆき先生とおよそ一切の関係と呼べるようなものを保持しておりません。板垣恵介とアメリカ大統領くらい無縁です。

a-kubotaa-kubota2009/11/04 08:39「中村博文は二人いる!」(今考えたジョジョっぽい台詞)

イラストレーターの方の中村博文は『ガンバード』のキャラデザとかで萌え系の人です。平野耕太がシャドーファックできる理想のキャラを妄想していた時に出てきました。(ご存知でしたら済みません)

甚六甚六2009/11/05 00:03手元の映画秘宝のインタビューによると、寿司職人まんが「音やん」を20年描いてきた中村博文先生は「命の引き継ぎ、技術の引き継ぎ」という現代が舞台では表現できないテーマが描きたくなったのだそうです。
そして読者の反応を見てバトル要素入れたいとか言ってます。動物とか食おうとすると「食霊」が出てきて「お前は俺を食うのに値するのか?」という。

祇尾祇尾2009/11/05 00:50「それは『トリコ』じゃないの?」先に突っこませていただきます。

xx-internetxx-internet2009/11/05 06:52> a-kubota さん
まったく知りませんでしたが WikiPedia 的にはこっちの人より有名だそうで。

> 甚六さん、祇尾さん
「勇者の心臓を食えばその力が宿る」「デザインドヒューマンだから人肉じゃないもん!」みたいな展開を想像しました。

ryo1105ryo11052009/11/05 23:07高橋しんの『花と奥たん』も、終末的な世界観を用いていて、グルメ漫画として見るならば、新機軸のような気がします。

xx-internetxx-internet2009/11/06 07:19> ryo1105 さん
高橋しんはもういいかと思ってました。では読みましょう。

masamasa2009/11/15 23:15今月号の別冊少年マガジン、『嵐の伝説』という読み切りの3話目がちょっと面白かったです。
「素材の持ち味をことごとく殺してしまう料理人が、それゆえ数年後の世界で皆から讃えられる」という逆説はなかなかのもの。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20091103