Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2009-11-15

[][]しりとりタイトル完結篇 しりとりタイトル完結篇 - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - しりとりタイトル完結篇 - イン殺

  • きづきあきら先生が初手から Twitter をプライベートモードにしたのは実に賢明だと思う。
  • 「フィリップの本名って何?」「平井賢とかじゃないかな」「なぜ」「いや、なんとなく」
    • 「じゃあ平井賢の本名は何かね」「あいつこそ平井賢ってツラじゃないよな。たぶん本名はマーク・パンサーかジローラモ」
  • 春のジョジョ画像といったらジョルノと桜。夏のジョジョ画像といったら「サマーシーズン到来!」。冬のジョジョ画像といったらスイスのサンモリッツ。秋だけが思い浮かばない。秋だけが思い浮かばない。
  • 世にも奇妙な物語。こんな眠い話が筒井康隆原作だったっけ。
    • すき焼きを食う話は、主演男優のしゃべり以外はたいへん良かった。料理は半歩先!
      • しかし原作が影も形もない。豆腐の中に肉を隠すくらいしろよ!
  • カタキラウワをカタワキラウと空目。
  • わかってきた。作品の出来不出来で語ればいいことを「倫理的でない」と言われると引っかかるんだな。そういう倫理がインストールされていないから。ディケイドの最終回は確かにひどいけれど、それでもあれに放送倫理とか言っちゃいますか、とは思う。 http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20091029-OYT1T01026.htm
    • 倫理で言うとエンドレスエイトの方がはるかに悪質な人心売買なんだけど、あれはそういう自虐テロだし、批判するなら「おまえの話はつまらん」で十分じゃないかな。
  • 以前『REBORN!』の女性キャラアンチまとめをケタケタ笑いながら眺めた経験を思い出し、蛇姫様のアンチはさぞかし気合が入っていることだろうと予想してググってみたら案外不発。あれ?
    • ヒロイン六つの大罪的には怠惰傲慢強欲憤怒の四階級制覇で子犬と子猫と子アザラシを蹴とばし子供の心を踏みつけながら上でツイストをばんばん踊る真性 DQN なのに。何故だ。美しいからか。それともルフィとくっつくキャラにみんな興味がないからか。
  • コメント欄で教えていただいた『悪徒』コンビの大江戸クトゥルーこと『伴天連XX』を読みましたわ! http://www.famitsu.com/comic_clear/se_bateren_xx/
    • だが残念ながら伴天連でない xx はクトゥルー者レベルが低いのでオチがピンと来なかったでござるの巻。
      • まだ見ぬ世界のクトゥルフものどもは、今日も自国をクトゥルー神話でファックする創作を繰り広げているんだろうか。ピラミッドの呪いは邪神のしわざだし檀君だって明らかに邪神だぜ。
        • 荒山徹先生とクトゥルー神話の親和性は潜在的に恐ろしく高い、ような気がする。『鳳凰の黙示録』でプルガサリを呼吸するようにあっさりと朝鮮妖術へ取り込んだメソッドを使えば、クトゥルフ十忍衆とか三時間くらいで捏造できると思うんですよね。
          • ヒント : アメリカ・マサチューセッツ柳生
  • けいおん占いというのを考えたが愛がないので実装できない。五択か六択の中から選ぶとそのキャラの Flash アニメが出てきて"このキャラが好きと公言する奴が如何に変態か"をフロイト先生ばりの超展開で延々罵倒してくれるの。
  • 利休バックス略してリキュバ画像が Tumblr で激しく広まっているけど、リンク先が間違ってるんですよね。なるほどこれがなぜ Yahoo! 転載は許されなくて Tumblr は許されるの問題か。修正が効かないという意味では同じ穴の狢。
    • 自分は通りすがりの数寄ムジナなので、『東京お侍ランド』が売れてほりのぶゆき先生がケーブルテレビで日がな一日『江戸の黒豹』とか『江戸の牙』とか『大江戸捜査網』とか『大江戸ロケット』とかを眺める生活が保障されれば特に言うことはありません。買おう! 『東京お侍ランド』! isbn:9784091827289
      • ケータイコミックサイト『モバMAN』でも連載しているそうだがそちらは未読。 http://comics.shogakukan.co.jp/comic_shogakukan/csb/
        • 別サイトの『アイゼンファウスト』は携帯で読んでるけど、画面が小さくてコマ単位スクロールで見せるしかないので移動がかったるいのが難。データ販売なのは評価するけど、結局単行本のほうが読みやすい。
  • google:殺す で"殺すならアマゾン"のスポンサーリンクが出てくるのは誰か何か言わないんだろうか。それがしは面白いので「大切断ですね」とか言いつつ静観。
  • ジャンプ新連載チキンレースをキーワード化。精算してみたら気持ち悪いくらい当たっていて我ながら気持ち悪い。
  • チャレンジした結果ささやかながら悟りらしきものを得る。それは、まったく異なった願望に基づいて作られた願望充足フィクションは往々にして超展開に見えるということ。いわゆるご都合主義が揶揄されるのは、前提になる世界観が違いすぎる場合。
    • if 空から女の子が降ってきて then と書いてあったらその IF 文の中は実行する必要がない。前提が間違っているからだ。そうわたしの中の清水義範先生は言った。 if 仏陀が再誕 then と書いてあったらいくらその中のステートメントに「小安と銀河万丈が凍狂ドームでサイキックウォーズ」と書いてあっても実行する必要は。
      • 後置 if で書くと叩かれるので注意。
    • 近頃は"気づき"という単語を見ると"悟り"に脳内置換している。気づきにチャレンジ。
      • キヅキの化け物。山中に現れ人のあらゆる行動に「それこうした方がより効率的ではありませんか」的なアドバイスを延々してくる。二言目には「気づきが大事なんですよ」としたり顔で説教。弱点 : 不況を予測できず FX で大火傷。

DNDN2009/11/19 22:43蛇姫様はルフィに見向きもされないところが気に入られてるんじゃないかと。
小学生でも共感できそうな不幸体験です。

しかも恥ずかしい初恋妄想爆走中です。
まるでドリアンの催眠術に掛けられた加藤のような恥ずかしい妄想を読者は神の視点でみることができます。
現実に生きてる人間のソレをみようとしたら多分さされます。

他人の不幸と秘密は蜜の味です。
それが他の欠点を覆い隠してなおあまりあるのでしょう。

a-kubotaa-kubota2009/11/19 23:23柳生雨月抄のワンゴンさまはダゴンを意識しているとは思いますが、私もクトゥルー者ではないので何とも言えません。

xx-internetxx-internet2009/11/20 07:28> DN さん
つまるところ「まあ蛇姫様はかわいいからな」ということでしょうか。
それはそれで分かりやすい結論です。

> a-kubota さん
そんな気もしますが、邪神って陰陽師に撃退されちゃっていいんだっけという違和感は拭えません。
まあ「おれの捏造剣士が一番強いの! ふひひ……」という人なので仕方ないんですが。

KuroeKuroe2009/11/21 17:29蛇姫様のアンチがそんなに居ない問題についてなのですが、
男性ファンに関してはイン殺さんの仰る通り
「ルフィとくっつくキャラにみんな興味がないから」なのかと思われます。
一番激しい層であろう女性読者のアンチが多くない要因に関しては
ひとえに彼女が有能……というか
主役格の足を引っ張ったり等の余計な事をしていないのが大きいのでは。
これで恋愛脳の赴くままに惚れた瞬間に七武海を裏切って
アマゾンリリー?しったこっちゃないね!とばかりにクルー入りしてたら
それはもう豪快にぶっ叩かれていたはずです。前例からすると。
それと現状、ルフィに惚れては居てもその思いがどう見ても一方通行なのと
彼女自身の立場も考慮して立ちまわってる所が好印象に繋がっているんだと思います。
可愛い動物を踏みつける事に関しても、解釈が分かれるところですが
変な媚がない分少年漫画読む系の女の子からしても受け入れやすいってのはありそうです。

女性ファンからとにかく嫌われる女性キャラの特徴としては
・主役格の恋慕をダシにして振り回す(故意・天然・深読みに関わらず)
・率先して前線に赴くもあっさり捕まったりピンチに陥るピーチ姫タイプ
・特に男性作家の描く天然系の女の子(現実世界の自称天然女子の裏の顔をセットで思い出してケッてされがち)
ここら辺がぱっと思い浮かびます。
これらの要素を持たず一線級の有能さを作中で発揮しているか、
逆にバトルパートやトラブル時は後方支援や傍観者に徹していれば
嫌われない……というかとくに触れずに流してもらえるっぽいです。

xx-internetxx-internet2009/11/22 10:57> Kuroe さん
面白さのあまりフィリップと化してたかだか数テラ程度のアーカイブを検索にかかるほど興味深いお話です。
キーワードは「邪魔」と「天然」でしょうか。
今のジャンプで 100% 該当するのはおそらく井上織姫ですね。
江古田ちゃん語で言うところの「猛禽」やメアリー・スーが憎まれる理由にもつながりそうです。

特定のキャラにアンチが生まれるのは、そのキャラの何かが彼ら或いは彼女らの"安心"を脅かすせいだと想像してます。
『REBORN!』のケースで面白かったのは、あの作品の女性キャラが寿司で言うところのバラン程度の存在感しかないのにああまで憎まれるという事実で、そこにある感情増幅関数を理解できれば、何か楽しいことができそうな気がしています。

> 後方支援や傍観者に徹していれば嫌われない
これについては若干反例を知っておりまして、具体的に言うとテニプリの桜乃です。
彼女は空気どころか月面の大気並みに存在感が希薄ですが、あれを蛇蠍の如く忌み嫌う人が存在することは多少ググれば明らかです。
多分これは Kuroe さんが言われるところの「男性作家の描く天然系の女の子」に該当するかと思いますが、作品の性質とか注目度によっては存在すること自体が憎まれることもある……のかもしれません。難しいことはよくわかりませんが。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20091115