Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2010-03-21

[]なぜ『極上!!めちゃモテ委員長』はシュールなのか なぜ『極上!!めちゃモテ委員長』はシュールなのか - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - なぜ『極上!!めちゃモテ委員長』はシュールなのか - イン殺

「『極上!!めちゃモテ委員長』という、知っている人は知っているアニメがあります。 xx が現在定期的に観ている唯一のアニメでもあるのですが、それについてこんな意見がありました。」

「一種の病気だと思いますが、自分は『めちゃモテ委員長』が DIS られているのを見ると心が和む特殊な性癖を持ち合わせており、このスレッドも大変いい笑顔で読ませていただいたわけですが、さておき。
ここで言われている回は時間的に見て第 48 話『ラブMIX! 王子の愛でロックプリンセスですわっ』のことだと思います。いい機会なので、この際『めちゃモテ委員長』はなぜシュールなのか、そして自分は何が面白くて『めちゃモテ委員長』を観ているのかの話をします。」


めちゃモテ委員長とは

「公式サイト(http://mechamote.tv/)よりあらすじを引用。」

クラス委員長、北神 未海(きたがみ みみ)は、中学の卒業式に失恋してから一念発起。モテる女の子になるためにパーフェクトな委員長を目指して日々努力中!
クラスメートの恋やおしゃれの悩みを完璧なアドバイスでズバッと解決しちゃう、頼れる憧れの委員長!!
一方で、自分はクラスメートの東條 潮(とうじょう うしお)に片思い中だが、いつも肝心なところで邪魔が入り、なかなか告白できないでいる…。
果たして未海は、パーフェクトな『めちゃモテ委員長』になれるのか? そして、気になる恋の行方は…??

「極上!!めちゃモテ委員長」は、恋やおしゃれに悩む女の子達のお手伝いをしながら未海と一緒にワンランク上のモテ子を目指す、学園ハートフルストーリー☆

★極上!!めちゃモテ委員長★

「補足しますと、"果たして未海は、パーフェクトな『めちゃモテ委員長』になれるのか"の部分は修辞疑問文というやつで、作中において委員長はほとんどブレなしにモテの最上位者として君臨しています。『めちゃモテ委員長』は一話完結の長期作品によく見られる大変安定した話の構造を持っており、おおむね次の流れに従って粛々とストーリーが進みます。」

  1. めちゃモテ委員長のもとに厄介ごとが持ち込まれる。
  2. 委員長が問題を解決するためのモテを提案。「めちゃモテ!! ミラクルチェンジ大作戦!! ○○で○○な○○ミッション!! スタートですわ!!」と叫ぶのが合図。
  3. 絵柄が変化し、それまでポリゴンでレンダリングされていた登場人物がアニメ絵に変わる。モテ子になるための秘訣が語られる。
  4. ふたたびポリゴンになった登場人物がアドバイスを受け入れてモテ子に早変わり。問題も解決されハッピーエンド。

「時代劇、探偵もの、グルメ漫画などを想像していただければだいたいあってる。このストーリー展開上、委員長はモテによって問題を切り分ける絶対者として振舞わざるを得ず、つまるところブレがありません。迷ったり落ち込んだりすることもありますが、どんな状況でも最後に立っているのはめちゃモテ委員長です。」

第 48 話『ラブMIX! 王子の愛でロックプリンセスですわっ』とは

「ダイジェスト紙芝居で説明します。」

f:id:xx-internet:20100323064936j:image

「フランス人とのハーフ、五所川原フランソワを恋人に持つ真衣さんは悩んでいました。」

f:id:xx-internet:20100323064934j:image

「自分とフランソワは釣り合っていないのではないか。めちゃモテ王子とまで呼ばれるフランソワと自分が並ぶためには、自分が変わらなければいけないのではないか。己が数寄とはいったい何か?」

f:id:xx-internet:20100323064931j:image

「そこで反抗(ロック)だ! 自分は劣化 DMC のファンだったではないか!! ロックンロール!! ウイキャンチェンジ!! はじけ飛ばせかめはめ波!!」

f:id:xx-internet:20100323064930j:image

「イエス、ウイキャン!! クェーッ!!」

f:id:xx-internet:20100323064927j:image

「委員長もドン引きであるが、ここで苦言を呈してはあまりに不憫……。なにやら言葉にできぬ不思議な面白さはあることですし……」

f:id:xx-internet:20100323065534j:image

「こうして王子と並び立つ個性を獲得した真衣。」

f:id:xx-internet:20100323065527j:image

「えるしっているか。こせいは伝染(うつ)るんです。クェーッ!!」

f:id:xx-internet:20100323065526j:image

「炸裂する個性。クェーッ!!」

f:id:xx-internet:20100323065525j:image

「あなたのなさっていることはロックではございません。五所川原フランソワはロックどころか未熟者にございます。」

f:id:xx-internet:20100323065523j:image

「がーんだな……」

f:id:xx-internet:20100323070215j:image

「話は聞かせてもらいました。恋人たちが想いあうエピソードを賢者の贈り物と言いますが、ホントにおまえらおつむがおよろしいことですわ!! それはともかく、事ここまでこじれた以上、もはや委員長の出番ですわ!! オーッホッホッホッ!!」

f:id:xx-internet:20100323070212j:image

「めちゃモテ!!」

f:id:xx-internet:20100323070204j:image

「ミラクルチェンジ大作戦!!」

f:id:xx-internet:20100323070202j:image

「ロックプリンセスでグングン背も伸びて年収 1000 万オーバーミッション!!」

f:id:xx-internet:20100323070145j:image

f:id:xx-internet:20100323070351j:image

f:id:xx-internet:20100323070349j:image

f:id:xx-internet:20100323070337j:image

「スタートですわ!!」

f:id:xx-internet:20100323070333j:image

「ロックプリンセスとはうんたらかんたら。」

f:id:xx-internet:20100323070332j:image

「めちゃモテのおかげで恋人と仲直り。背も伸びて空中コンボもつながるようになり勝間和代と Twitter でタメ口きける存在に。」

f:id:xx-internet:20100323070519j:image

「話がまとまったので劣化 DMC のライブに行きましょう!! ジャギ様のスキルを持ったクラウザーさん!!」

f:id:xx-internet:20100323070517j:image

「めちゃモテのおかげで劣化クラウザーさんともダチに。」

f:id:xx-internet:20100323070508j:image

「歌を歌え!」「よろこんで。パン、あパン、あパンパンパン。」(原文ママ)

f:id:xx-internet:20100323070505j:image

「パンパンパン。(原文ママ)」

f:id:xx-internet:20100323070503j:image

「『女の子は好きな人と一緒ならいつだってプリンセスなんですね』委員長主語でけー。」

f:id:xx-internet:20100323071154j:image

「パン、あパン、あパンパンパン。」「クェーッ!!」

f:id:xx-internet:20100323071152j:image

「クェーッ!!」*1

f:id:xx-internet:20100323071149j:image

「モテ子になるためのおさらい。このあと実写委員長のモテ解説とモテ体操が続きます。」

なぜ『めちゃモテ委員長』はシュールなのか

「なんでこうカオスになるのか。私見ですが、『めちゃモテ委員長』は『へうげもの』用語で言うところの数寄を貫くことが主眼であって、普通アニメにおいて重視される要素をことごとく歯牙にもかけていないからじゃないでしょうか。どんな展開にしても失うものがないというか。

  • 整った作画
  • よく動くアニメーション
  • 声優の演技*2
  • 伏線を張り巡らせた巧妙なストーリー
  • 個性的で人間味あふれるキャラクター

こういったものを打ち捨てたところに『めちゃモテ委員長』という作品はあります。個性的なキャラクター、という点だけは若干留保の余地がありますが*3
アニメについてはあまり詳しくないので、世間一般で『極上!!めちゃモテ委員長』がどのような扱いになっているかはよく知りません。以前その方面に詳しい友人に『めちゃモテ委員長』が面白いという話をしたところ「ごめんあれだけはないわ」と笑顔で言い放たれたので、まあおおむね良い扱いをされていることはないでしょう。三百六十五日行住坐臥寝ても覚めても『けいおん!』の話をしている人たちがいるようには『めちゃモテ委員長』の話をしている人はいない、ということは理解ります。」

「では『めちゃモテ委員長』が目指す数寄の頂とは何か。言ってしまえばそれは"オシャレ最強"という世界観を小女子の脳に刷り込むことだと思います。
さながら全てのもめごとを旨い料理で解決してしまう『ミスター味っ子』のように、事件に関わらなければならないメタの事情ゆえに殺人鬼誘引体質となってしまった江戸川コナンのように、全てをモテの不足と、それを補うめちゃモテ委員長の能力で解決しようとしたとき、物語には無理が生まれます。無理を通して道理を蹴っ飛ばすには、なんだか理屈は分からないがとにかく凄いエネルギーで世界を書き直そうとする情熱、生命磁気への波紋疾走てきなものが必要です。逆に言うと、その勢いさえあれば多少のノイズはどうにでも跳ね飛ばせる。話のリアリティとか、誰が得するのかという内省とか、アニメとしての完成度とか。」

「自分が『めちゃモテ委員長』を楽しむときの視線は、おそらくそういった無理を通して道理を蹴っ飛ばすパワーとか、委員長が繰り出すトンチキなアドバイスとかに焦点を当てていて、だいたい『デトロイト・メタル・シティ』や『へうげもの』のトンチキ分と似たような感じで愛しているのだと思います。だから『めちゃモテ委員長』がトンチキであるとか、完成度が低いといった意見に対して満面の笑みで「ですよねー!」と答えられるんでしょう。」

「若干気になるのは、作り手サイドがこの無茶にどのくらい自覚的であるかです。『めちゃモテ委員長』はハチワンダイバーで言うと澄野さんばりの腕力将棋であり、見ていて「これも受けないの?」「何そのノソッとした金? 本気?」と思うことしばしばです。実際のところ、この作品が想定視聴者層である小女子の方々にマジで受けているのかは寡聞にして知りません。ときたま伝え聞く噂では小学校低学年の女子がよく観ているともいいますが、さて。」

[][]怪力の吸血鬼にこそ中国拳法が必要 怪力の吸血鬼にこそ中国拳法が必要 - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - 怪力の吸血鬼にこそ中国拳法が必要 - イン殺

  • 『アイアンマン2』までロバート・ダウニー・ジュニアのツラを見ないと決めた。決めたのだ。
  • オタクが"ぼくたちのしゅみをみとめてくれるロリロリなやんごとなきおんかた"を空想してホメオスタシーを高める姿を見て見ぬ振りをする情けが虎眼流にも存在することは既に常識ですが、そのころ現実のやんごとなき御方は登校を拒否していたりするので、まっこと空想と現実は異なるものよなあ、と当たり前すぎることを思いました。
  • めちゃモテ委員長』を観たあと TV を見もせず消しもしない生活を半年以上続けた結果『REBORN!』のテーマソングをなんとなく口ずさめる程度までアニオタレベルが上昇シマシタ。 S.H.I.T.
    • あまり脳で回してないのでよく認識していない『ケロロ軍曹』ですがガンダム関係の CM がバンバン入るのはお子様にとって嬉しいことなんですか。人はガノタに生まれるのではなくガノタになるので、流し続けていればいつかはユニコーンガンダムを喉から手が出るほど欲しがるように育つのですか。
      • 訓練されたガノタの「クシャトリア最高」の叫びは若きガノタ群の「ユニコーン! デストロイ! デストロイ! デストロイ!」の合唱に押し流されてゆく。それがし、そんな時の河が見たい。見とうございます。そして常識的に考えて UC で一番可愛いのはシャンブロです。
  • REBORN!』。白蘭サンはマジであの程度で死んだのですか。 D4C と同じタイプのスタンド使いのくせに。ラスボスだったら絶対殺ったと思わせて復活はもはや礼儀でしょうが。藍染の爪の垢の三番煎じでも飲むといい。殺ったと思ったら夢オチを公式設定で延々延々延々延々続けられるあの生き汚さを少しは見習うべき。
  • google:"グロウラー" でこいわいジュラルミンが鳴く仕組みを調べていてテディベアの通販サイトに行き着いた。なかなか同じ型らしきものは見つからない。
  • 『シャイニング』(isbn:9784167275587)を読み始める。"シャイニング"って超能力を指す隠語だったのね。"オーラ"って言ってくれれば分かりやすかったのに。
  • 『オインゴとボインゴ兄弟大冒険』(isbn:9784086177207)にプレミアがついていて怯む。あんなものを欲しがるようなマニアは当然出たときに「マイブックと同じタイプのスタンド……」とか何とかぶつくさ言いつつしっかり買っているものかと思ってました。
    • チャンピオン RED のクェイサー付録もほぼ一揃い未開封で手元にあるはずだけど、 5 年くらいしてから何万円かで売れないだろうか。
  • アナログテレビとアナクレト・ムガビは似ている。
  • 鉄鍋のジャンR』のオージービーフ対決は食材を人に脳内置換して読むとそのまま SF 短編になる。(SF って言い張れば何やっても許されるよ派)
    • 「オージー本来の味がしよる!」「なんとオージーらしいオージー!!」「もしかしてこの付け合せもアボリジニかしら!?」
      • 本来のオージーって言い出すとアボリジニもといネイティブ・オーストラリアンだけ使わないと駄目なのかしらん。
    • 高度に発達した食肉技術は人肉に応用すると即座に絶妙な異界効果を生むので、肉食道はつくづく魔道。畜生道の上位互換、人にのみ許された極道ですよ。愛媛県の人で言うと全身にキリでアトランダムに穴を開けられてからビニールパックに大量のミカンと一緒に漬け込まれて炉で焼かれて皮膚が腐ったようにベロベロになってから体表を 1/3 削り落とされて「ええ! その肉使うの!?」とか驚かれるレベルですよ。
  • 『世界樹の迷宮 III』キャラメイキング、へうげものめちゃモテ委員長と『罪と罰』のエチカを公式設定で混ぜると収拾がつかなくなることに気づいたので魂だけ共通の別次元存在ということでお茶を濁すことにした。
    • プリンセス : ちゃちゃ
      • 「こんな地味な皮鎧はいやじゃ! ファランクスどのとて派手ではないか! わらわは着たいものを着るのじゃ!」 うるせえ!
    • ファランクス : キタガ・ミミミ
      • 完全無欠絶対無敵、一騎当神のめちゃモテ委員長。あらゆる戦場において最後まで立っていることで知られる。
    • モンク : エチカ
      • 癒し系マウントポジションの使い手。「黙れ!! このイカレ野郎!!」と叫びながら敵をどつきまわす。
    • ビーストキング : ちょっちゅね
      • 虎はね。もともと強いから強いと申してね。
    • シノビ : むねのり
      • 柳生が忍びである、もはやこれは常識。
    • ウォリアー : おりべ
      • 途中でウォリアーに徹しきれない己に気づいて絶望する役どころ。「あきらめよう…… あきらめるのだ……」そしてサブクラスのゾディアックで世を笑福の天地へ。
    • ファーマー : りきゅう
      • 魚屋がないので仕方なく。サブクラスはウォリアー。ファーマーのくせに前線に出てガンガン殴る。パーティメンバーの装備にもいちいち口出しするので仲間からは不評。しかし金と数寄と武力に長けているので外すに外せない。宗匠は常にウザい。
    • バリスタ : ひでただ
      • 威嚇のために敵のど真ん中に大砲をブチこんで戦意を喪失させるだけの簡単なお仕事です。史実に忠実!
    • ゾディアック専任とパイレーツ専任がしっくり来ない。パイレーツ松浦党だと盛り上がらないので、もう一歩創意が欲しい。
  • ジャンプ新連載チキンレース。『詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。』は 20 週で 3000 ベット。
    • 個人的には評価しない。話が分かりづらいためか恐怖として成立してないように見えるし、謎解きで憑き物が落ちたように感じない。ただオカルト方面は『ぬらりひょんの孫』『保健室の死神』と続いているので生き残るのかも。
      • 実は『ムヒョとロージー』もピンと来なかった方。あのころのマジキチ分は『ネウロ』が担ってたからなあ。

*1:この話の落とし方はオチに困ったギャグ漫画家が全てを大団円でまとめて強引に流すときの手法そのもので、ジャンプ新年号の巻末で毎年見られる光景ですね。

*2:アニメの文脈において正しい演技と、映画・舞台などで良しとされる演技は異なります。が、『めちゃモテ委員長』の演技はそういうレベルではなく、誰が見ても素人と分かるので「棒読み」等と揶揄されたりします。

*3:『犬・犬・犬』の台詞を引くなら、社会と相容れる個性を個性とは呼ばないらしい。その意味で『めちゃモテ委員長』は個性的と言えなくもない。まあ、社会から弾かれるから個性的であるとは限りませんが。

羊羽羊羽2010/03/23 22:03はじめまして。
REBORNの白蘭さんはここで死なせてあげるのが本人のとって幸せだと思います。大統領の死んでも「死んだ場所で強くてニューゲーム」能力と違って白蘭さんの場合は某サイトの言葉を借りれば、あの人は地球総人口の千倍以上の人間が同時にプレイして、その中の一人でもゲームオーバーになったら全プレイヤーのセーブデータが全消去の上にコンティニューもニューゲームも無効になるゲームをプレイしてクリア寸前までいったらゲームクリアのキーアイテムがゲームのデータ上から完全消去してゲームオーバー。こんなドMの神専用最終鬼畜無理クソゲーをクリア直前までいったんですから、ここでリタイヤさせてあげるのが優しさだと多分思います。

kartis56kartis562010/03/24 01:28はじめまして、ギガジンの記事からきました
めちゃモテ委員長について、なんとなくむずがゆい思いを抱いてきたのですが、納得できる説明があり腑に落ちました。
自分なりの解釈をのべますと

番組最後にくるおしゃれ講座=番組の目的にして正義であり絶対。
ミミ以外の人物は、「おしゃれこそ正義」を説得力あるものにするための道化(やられ役)に過ぎず、道化であるゆえに何をしても許され、暴走することを望まれるのだ、と。
でも、すさまじい暴走があってもおしゃれで解決する、その構図は水戸黄門のようなわかりやすさがあり、いいのではないかと思います。
私はけいおんよりはるかに好きですね。完成度は低いけど。

xx-internetxx-internet2010/03/24 06:34> 羊羽さん
人生はクソゲーですが、クソゲーゆえに人の愛は燃え上がるといいます。
まあ嫌がる人にクソゲーを続けさせるのは拷問ですので、確かに白蘭サンの冥福を祈るべきかも。

> kartis56 さん
一応ライバルと認められているセクシー委員長とか、単に委員長からモテを一方的に伝授されるだけじゃなく己の数寄を持った登場人物もいますね。
ただ、そこで数寄と数寄がスパークして何かを生み出したりしないところが『へうげもの』と違う安定性と言いますか、予定調和だなと思います。
「いかにも予算がかかっている」といった風でない、完成度が低いなりの鋭さを見せたアニメでした。

masamasa2010/03/25 00:05四ツ谷先輩は怪談を騙って犯人に憑物をプレゼントしているにもかかわらず穴を一つしか掘っていないのがちょっと片手落ちですね。怪を語れば怪至る、の言にあるように騙り部はそれなりのリスクを背負うべき。