Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2010-04-30

[][]へうげて暮らすか、肝取って食おか へうげて暮らすか、肝取って食おか - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - へうげて暮らすか、肝取って食おか - イン殺

  • BLEACH 武芸帳の本領的にはここから黒崎父母のなれそめことエピソード 0 ことシークレット・ウォー・イン・ソウル・ソサエティを 10 巻かけてやるべき。ヤング黒崎ママは中国拳法と中国剣法を極めた破面で霊的急所への禁断の三点同時攻撃とか霊圧を剣身に練りこんで螺旋状に放つドリル絶掌とかでヤング藍染を窮地に追い込んだ挙句、死に際に八断死門陣に目覚めるんだ……。
  • なぜめちゃモテ時空開始のカットを 2D っぽくするのか。あのポリゴン感が好きだったのに。ビーストウォーズをセル画で描くがごとき行為!
    • 「女の子はなぜモテると思う。もともとモテるからよ」 VS 「違うッ! 女の子は進化するのだ! してみせるッ!!」
      • モデル歩きは訓練の成果だから「もともとモテるからよ」を示すには不適切だと思う。
      • そこは冷静に感心してないで「やはりセレブの血には勝てぬのか……」とか言って悔しがってほしかったな。もしくは「人はみな不完全……、それゆえにモテるのですわ」って話を逸らして煙に巻くとか。
      • めちゃモテ委員長の目指すところは世をめちゃモテの天地に変えることだと仮定すると、美人の血統は量産できないので「もともとモテるからよ」とか言い出す匹夫のモテは最初から戦うべき相手じゃないんだよな。それよりは道端の名もなき小女子にもモテを見出すライフハックの方が人々を幸せにしたりしなかったりするんじゃないだろうか。
        • 開祖が「世を治めるためには和を乱す非モテを先んじて殺すべき。それがめちゃモテの極意にござる」とか言い出す『めちゃモテ非情剣』はどうか。奥義は"無粧"。すっぴん最強って言うし。
  • 短編集が好きなほどにはアンソロジーが好きじゃない理由。意外性というのは予想をほんの少し外すことではないかと思っていて、まったくもって鬼が出るか蛇が出るか分からないゲリラ戦地帯を歩くような読書は結構疲れる。一日一篇と決めて読むならそれでもいいけど。
    • 『シャイニング』を読み終わって思ったのは、多少読み飛ばしても支障のない文体というのも存外に良い、ということ。そこそこの装飾と分かりやすい比喩、視点が人物間で派手に動いたりしない記述。これはこれで高度な技術の結晶です。
      • キング先生は激怒するかもしれませんが、はるか昔に観てうろおぼえの映画の方が好きです。
  • 二期連続めちゃモテ委員長の新オープニング、終わり際で音程がズレる感じが脳に刺さってそれゆえにリピートされ非常に苦痛。
  • 再出馬めちゃモテ委員長は学園を飛び出して別の学園の番長と事を構えはじめたので、『男坂』か『金剛番長』とリミックスすると地球規模に展開できてオシャレだと思う。ロシア代表おしゃれマトリョーシカ番長を暖房攻撃で脱がせる話はよかったですね。
    • おしゃれ居合番長はファッション居合みたいで残念。おしゃれ剛力番長は「剛力がおしゃれだっていいじゃねーか!!」「あんたのことじゃねえ!!」。おしゃれ念仏番長は「何言ってるんですか念仏は元々おしゃれですよ」とわたしの中の小僧が。おしゃれ卑怯番長は卑怯おしゃれ番長の方がしっくり来る。
      • 「わたしの名は……」「いいえ名乗る必要はありませんわ。あなたは外道おしゃれ番長! それ以外の名は認めませんわ!」
        • 「外道おしゃれってコートの下にボンテージしか着てないとかそういうやつ?」「人の脂でなめした人皮コートを着てるとか」「ドイツ代表!」
      • 小悪魔系おしゃれ、卑怯系おしゃれ、外道系おしゃれ、冷酷系おしゃれ、冷徹系おしゃれ、冷血系おしゃれ、退かぬ系おしゃれ、媚びぬ系おしゃれ、省みぬ系おしゃれ。
        • 省みぬ系はつまるところ中村うさぎであり、「むやみにお金をかけるのではなく、日々のちょっとした心遣いが大事ですわ」とか宗匠系委員長に説教される。常日頃からおしゃれを心がけろとかうるせえ! おまえこそ似非モテ子を生んだだけだ!
  • 「ワンピース読んでないけど今ってどんな話なの」「えっとね。まず歌手が全員犯罪者の世界があったとして、氷川きよしが北島三郎の義理の息子なのね。で、本当の親は一時代を築いた美空ひばりなわけ。で、芸能界を支配してるお笑い芸人たちが、美空ひばりの血統は危険だからってきよしを公開処刑することにして、さんまとタモリとたけしがジャニーズを応援に呼び寄せて武道館を警護してるの。そこに北島三郎が森進一とか細川たかしとかを連れて殴りこんできて紅白歌合戦会場でバトルロワイアルが始まったみたいになってるところに空から中川翔子が降ってくるの。なぜか美輪明宏と EXILE と堂本剛を引き連れて。で、さんまとタモリとたけしが並んでる真ん前に殴りこんできて氷川きよしを助けようとして殺されかけるんだけど北島三郎に助けられるの。だけどその直後に北島三郎は小金沢昇司に刺されて虫の息になるんだけどそれでもたけしを殴り倒して芸人どもを武道館ごとブチ殺そうとするの。そのときなぜか鬼みたく強い TOKIO が出てきてね。全員で北島三郎をブッ殺してからなぜか与作が超上手く歌えるようになって芸人どもを武道館ごとブチ殺そうとするの。それを見てキレたたけしと欽ちゃんが歌手どもをブチ殺そうと殴りかかったときに、横から止めに入ったのが長淵剛。この場はオレの顔を立ててもらおう、って言って抗争は一旦手打ち。まあおおざっぱに説明するとこんな感じかな。あ、きよしはしょこたんを庇ってたけしにブッ殺されました」
    • しょこたんと堂本剛は通りすがりの AKB48 に連れられて逃げました。
  • キング先生づくままに『ゴールデンボーイ』を読む。これが噂の『ショーシャンクの空に』の原作カネ。こんなに面白いとは思わなかったガネ。
    • 『ミスト』のパンフレットで書かれていた素敵エピソードを思い出したので引用。

フランクからは、いつも何か得るものがあるし、また収穫になるから、映画化してもらうのがとても嬉しいんだ。『312 号室の女』、『ショーシャンクの空に』、『グリーンマイル』(99)、そして今回の『ミスト』。私だけがそう思っているだけではなく、いつも多くの人から、彼の作品が好きだと聞かされてきたしね。

こんな実話があるんだ。私たちはサラソタの南方に半年住んでいたんだけど、(私と妻の間で)週一回は妻が大量に買い物に行くという約束をしていた。ある日、妻が買い忘れたものを、私に買いに行かせたんだよ。私がスーパーで小さなカートを押していたら、 95 歳くらいの老婆がこう言うんだ。"あなたのことは知ってるわ。あなたが、あの恐ろしい話を書いたんでしょ。決していいとは思わない、嫌いよ。私は、『ショーシャンクの空に』のような元気が出る作品が好きなの"と言ったので、"私の作品です"と答えると、"違うわ!"と言って去っていったんだ。それがすごく面白くてね。とてもシュールな会話だった。自分でも、うーん、ひょっとしたら違ったかも、と少し考えたよ。他の作品とはちょっと雰囲気が違うから、自分が書いたんじゃないかも…とね。それぐらいフランクが素晴らしい作品を作ったってことだね。

木村木村2010/05/02 12:44ゴールデンボーイは小説と映画のオチの違いが良いですね。
どっちも***エンドですが映画の方がスケールがでかくて911直後のアメリカ風です。

xx-internetxx-internet2010/05/03 12:28映画版は観てないので、そのうち『ショーシャンクの空に』と一緒に拾っておきます。

うわんうわん2010/05/05 10:24美輪明宏と何やら縁がある元ジャニーズことクロコダイルさんの配役が気になります。

しぐどらしぐどら2010/05/07 23:20蛇姫さまは…石橋貴明か岡村隆志あたりかなぁ
最近色々とボロボロな島田モリア紳助がドフラミンゴ嵐に「上」からの命令で消されそうになると面白そうですね
映画でボロボロな松本モリアでも可

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20100430