Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2010-05-30

[]『生活【完全版】』(福満しげゆき、講談社モーニング KCDX ) 『生活【完全版】』(福満しげゆき、講談社モーニング KCDX ) - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『生活【完全版】』(福満しげゆき、講談社モーニング KCDX ) - イン殺

生活【完全版】 (KCデラックス)

生活【完全版】 (KCデラックス)

「大変失礼な言い方になりますが、こんなに面白くなるとは思いませんでした。」

「『シグルイ』 4 巻に虎眼流が牢人者どもと果し合いをするエピソードがあるんですが、一連の話の中で自分が特に気に入っているのは、ぶちのめした牢人者に虎眼流の面々がとどめを刺すシーン。何がいいかというと、彼らはとどめに刀を使わないのです。普通に考えると、半死の相手にとどめを刺すなら刀で一突きとか、脇差で喉を刈るとかでしょう。しかし虎眼流は野原の石です。なぜかというと、これは推測ですが、おそらく刀が汚れると手入れが面倒だからです。そこで石ですよ(力説)。十分な必殺性があり、そこらへんに無造作に転がっていて、なおかつ少し離れた位置から落とせるので返り血で着物が汚れたりもしない。まさに最適解です。」

シグルイ 4 (チャンピオンREDコミックス)

シグルイ 4 (チャンピオンREDコミックス)

「周知の事実ですが、山口貴由先生はちょっと常軌を逸しておられる方なので、自分がリアルに虎眼流として立ち回るならどのように動くべきかということを脳内で綿密にシミュレートしてるんじゃないかと思います。この手の"厭なリアルさ"というのは、不思議な説得力と、最近の用語で言うと"シリアスな笑い"を生み出す原動力です。」

「『生活【完全版】』の話に戻ると、この作品のストーリーは実に小規模です。どこぞの地方都市でパンピーたちが生活を守るためにちょっと戦ったりするお話です。特殊な武器だの積み上げられた功夫だのは出てきません。しかし、それゆえにと言ったらいいのか、『生活』には厭なリアルが充満しています。例を挙げると、

  • 金槌で殴られるととても痛い
  • ファミレス系の居酒屋に行くと笑い声がみんな自分への嘲りに聞こえるので居心地が悪い
  • 投石のダメージは侮れない

とか。うん、すごい厭。「俺のターン! これがわしのリアルじゃあ!」とでも言わんばかりのみつしり詰まった内功。福満しげゆき先生はこういう戦いを脳内でシミュレートしながら生きてきたんだろうな、と想像すると、心に明るい灯がともったようなフワフワした気分になります。実にいいものが読めました。」

前回の感想

aa2010/06/04 18:58ゴラクで連載中のながい豪の自伝的漫画「激マン!」は読んでらっしゃいますか? 今号では石川賢が登場していました

xx-internetxx-internet2010/06/05 08:06楽しく読んでおります。
『デビルマン』の成功は緻密な計算の結果だったことになっていますが、あそこに若干の違和感は覚えます。「『キャプテン翼』は全て計算だった」とか「『テニスの王子様』は全て計算だった」と言われたみたいな。
しかしまあジャンプ SQ の藤子アンタッチャブル不二雄先生をもはやなんぴとたりともとどめえないのと同様に、豪ちゃん先生が勝ち誇るのを今さら誰も止めようとは思わんでしょうから、あれはああいうファンタジーとして読むといいんじゃないでしょうか。

xx-internetxx-internet2010/06/05 08:13アンタッチャブルだと U なので藤子不二雄オールフリーに訂正してお詫びいたします。

SOUSOU2010/06/06 10:46http://webmagazine.gentosha.co.jp/B-TEAM/vol208_special_extra.html こちらでプリキュア同士で戦わない理由を初代プロデューサーが語ってます。

ひつじばねひつじばね2010/06/12 23:37知っているかもしれませんがせがわまさき先生がイン殺さんが昔好きだと言っていたMAD侍の剣鬼喇嘛仏の連載を始めますよ。蝶楽しみです。

猫2010/06/28 21:18ツイッター界隈その他で評判の、『告白』(湊かなえ)は、もうチェック済みでしょうか?
正常系の女教師が、馬鹿な生徒に向かってちゃんと「馬鹿」と言ってあげる、往年の金八先生を想起させるハートフルな学園ドラマです。復讐することクムジャさんの如し、中二を愛することきづきあきら先生の如しなので、多分イン殺さんの趣味に合うタイプのスタンド使いだと思うのですが。
http://kokuhaku-shimasu.jp/index.html

xx-internetxx-internet2010/06/29 07:09> SOU さん
なるほど本来のファン層にストレスを与えないためですか。ありがとうございました。

> ひつじばねさん
心待ちにしております。くノ一紅騎兵は原作を読んでないので一緒に買います。

> 猫さん
噂は聞いております。おそらく狂人が一時間半くらいずっと喋ってる話なので楽しいんだろうな、と思いつつ『アウトレイジ』とどっちを観たものか考え中。

関係ありませんが、『めだかボックス』に出てきた人は狂人って言いたいなら素直に狂人と書けばいいのに、と思いました。
凶人だと龍書文が上書きされてしまってよろしくないですよね。

ginjiginji2010/07/02 10:46今週の嘘喰いの解説役の監督が解説役マニアの魂をゆさぶります。美味し過ぎる。

 2010/07/07 04:23本サイトにては度々のことながら、目から角膜の落ちる思いがいたしました。
xx様は石のシーンから始められていますが、逆算すればそもそもフジキの「野良犬相手に云々」自体も多分同じ原理。
さらに遡れば「貴様如きを斬っては刀が穢れる!」的台詞は古来無数にあったわけですが、それらがすべて、精神論などでなくまさに文字通りの意味だったと考えると、何といいますか世界がコペルニスクりまする。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20100530