Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2012-07-12

[漫画][雑記]滅殺豪武道  [漫画][雑記]滅殺豪武道 - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク -  [漫画][雑記]滅殺豪武道 - イン殺

  • 「オレにはわかるぞ魔雲天 その太くなった腕 盛り上がった大胸筋! おまえがオレとの戦いの後 7 年の間に どんなに日々鍛錬を続けていたかが!」え、超人墓場で? アシュラマンの前かけの中で?
    • 「私は皮膚自体が強靭で いわばいつも固い鎧を纏っているようなもの…」スケット団「「纏ってるだろ!!」」ボッスン「何こいつ、なんで裸で戦ってるみたいに言ってんの!? 完全装備のくせに!!」ヒメコ「もうイヤやわー 肉の連中会話が成立せえへん!」
      • 肉面白いっすね。バッファローマンとブラックホール以外怨霊扱いだったあの連中がここまで輝く日が来るとは。そして新完璧超人たちの完璧っぷり。 7 人中 6 人が読者投稿超人、しかも残り一人はストロング・ザ・武道ですよ。完璧だ。
        • 友人はストロング・ザ・武道の中身がネプチューンマンではないかと予想していた。審判のロックアップがネプチューンマンより高精度なことが売りのストロング・ザ・武道が。こないだ未来編で寝返ってから改心したはずのアイツが。また過去にタイムスリップしてヤンチャしてるんですかネプチューンマンさん。
        • 友人はストロング・ザ・武道も実は読者投稿超人だったらどうしようと心配していた。そりゃ確かに投稿した方も「え、これ通っちゃうの!?」と不安になるでしょうね。そんなんで通るならいますぐネプチューンカイザー(超人強度三億パワー)を送りますよ。
          • ゼブラの兄でティガー、を考えたのはゆで先生だったかしら。
        • ストロング・ザ・武道は登場後しばらく魔雲天にマウントを取られっぱなしで打撃をガードしながら他の試合を解説してたのが言い知れぬ不安を誘いました。完璧すぎる完璧超人の完璧な首領(ドン)が完璧にマウント取られてていいのかしら。竹刀で切腹ものじゃないのかしら。マウント状態で打撃を避ける技術より先に誇らなきゃならないものがあるんじゃないのかしら。
  • モーニングの王欣太『ReMember』は『蒼天航路』を読んでないけれどなのか読んでないからなのか不明だが何故か面白くて好きだったんですが、たぶん設定のトンチキさと台詞の異常さだ、気に入ってたのは。(倒置法)
    • 敵のボスの設定が、ゲームで言うと勝った後のリプレイをひたすらエンドレス再生しつつ自分のアバターをリプレイ内に入れて「展開変わらないかなー」って言いながら流れをいじくりまわす趣味の人で、敵の中ボスがその流れを何とか抑えようと苦労する管理官。そして一番信頼できる味方は現在の時間軸がリプレイだと気づいているが傍から見ると完全に電波の人なので、「煮え立つ流刑地はやがて干上がり世界は濡れる。水を探せ。それでも溜まる水に身を浸せ」「願わくば、リ・メンバーッ」とか叫んでる内容が実は世界の真実だという。ああ、うん……、それが真実だと当人が確信してるところがもう完全に彼岸の彼方だよね……。彼岸島だよね……。
      • モーニングに限らないことですが、連載中の作品の一番トチ狂ったとこだけ抜き出して読んでない人に説明するのは結構楽しい。今度実写ドラマ化する『主に泣いてます』はね、セレブ系の妻がイタリアの病院で「アンアンアアンアン ぱみゅぱみゅ アンアンアアンアン きゃりーぱみゅぱみゅ」って歌いながら意識不明の夫に殴りかかる話なんだよ。こう説明すると予想に反して実はいい話なのではと思うかもしれないけど別にそんなことはないよ。
    • 倒置法といえば、サンデーの『おすもじっ!』も凄いですよね。寿司漫画のヒロインと主人公に寿(ひさし)と司(つかさ)という名前を付けるという初手の段階から完全にトチ狂ったセンスの賜物だと思うんですけど、主人公のヤンデレ妹(天才料理人)がほとんどの台詞を倒置法で喋るという設定は衝撃でした。率直に言うと読んでて非常にイライラします。あたらしい芸術は必ず人をいらだたせます、と誰かが言っていた気がしますが、苛立つから新しい芸術だというわけではありません。
      • 最近ヤンデレが進行してかつヒロインとの直接料理対決の最中なので、ひどいときは見開き 2 ページくらい妹の語りターンです。「抜いたんえ、鯉の泥臭さ。入れ替えて、体の水。」みたいなはんなりした京都弁の倒置法が画面を埋め尽くします。『1984 年』の『ニュースピークの諸原理』に近い質の精神攻撃です。
  • 友人に長谷川哲也先生の新連載『セキガハラ』を読ませていただいた。「史実なのに予測不可能!」だったか、キャッチコピーが大変秀逸でした。確かに柳生石舟斎を肩に乗せてて無礼者の足を持ったまま地面に叩きつけて脳を飛び散らせる身の丈巨大な武士を見たら普通「え、もしかして超変異した宗矩!?」って考えるのが自然ですよね。まさかあの人だなんて予測できませんよね。
  • 簡単に調べ物をしたいときは間違ったことを自信満々に断言するといい、だっけ。あの Tips が広まると愚かな発言に対するレスポンスが多少なりともはんなりとして平和にならないものかな、そんな風に考えていた時期が xx にもありました。実際は「調べ物乙」から始まるエクスキューズが三行くらい必ず入るようになって読むのが面倒になるだけだと思う。
  • 『Sushi Girl』(http://sushigirlmovie.com/)も『デッド寿司』(http://deadsushi.com/)も見に行く気満々なのに、公開はまだかしら。特に後者はスシタイフーン臭しかしなくて「自分が見に行かないと興行収入が大敗しちゃう」と思わせる秀逸さがありますよね。
    • しばらく前のスシタイフーン四部作はいま iTunes Store で観られて、日本のカルト映画特集なんかに入っているわけですが、ユーザーコメントがおおむねボロクソで平均星 1〜2 という結果が出ていて非常に納得感があります。坂口拓は好きなんですけど、ごめんなさい『極道兵器』は劇場と DVD で二回観て二回とも終盤寝ました。
      • 四作の中では『エイリアン VS ニンジャ』が一番観やすかったです。ああ、バックグラウンドとかそういうもの作りこむ気がないんだ、ということが一目で分かる清々しい C 級映画。そして四作品で同じ役者が何度も出てるので、あれこの忍者は岩鬼将造の右腕じゃなかったっけ、というスシタイフーン役者へのちょっとした愛情も芽生えてきます。

盛夏盛夏2012/07/12 22:46史実なのに予測不可能!で行ったら蒼天航路は尋常じゃありませんよ。ジョジョとか覚悟とか好きなら気に入る事間違いなし。

xx-internetxx-internet2012/07/25 07:20スパムがひどいっすねー。なぞなぞ認証とか使えないものかな。

masamasa2012/07/25 20:45待ってました!お帰りなさいませ

『蒼天航路』はチ○コの礼で迎えてもらった孔明(身長50mの三つ目の妖怪)に、
「このダニ!寄生虫!引きニート!お前が欲しいのはフォロアーの「いいね!」じゃなくて奴らが踏むアフィリエイトの収入だろうが!(意訳)」
とフルボッコにされた劉備が空っぽになった自分の器の深遠をうっかり覗き込んだためにモンスターへと覚醒するお話です
曹操はこんがり炎上したブログを「ならばよし!」と見捨てて大量のフォロアーを連れて別のサービスで復活する焼け太りの典型みたいな奴です

刺身刺身2012/08/01 07:03『蒼天航路』は

「後宮の女体で構成された玉座に座り天下を簒奪する今まで観たことがないくらい強い男がでてきますがそいつは我は王の姿を垣間見たに過ぎんと言って死ぬ」



「関羽無双。まさに関羽無双。」

なシーンが好きです。

「袁紹一家が死ぬときはゲルニカになります。」

私の人生殿堂入り漫画の1本です。
ちなみにほかの殿堂入りは「ドロヘドロ」「JOJO」「数寄です」

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20120712