Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2013-10-09 このエントリーを含むブックマーク

  • MH4 、ティガレックス亜種を「割に合わん」とシルバ風にぼやきながら狩ったら HR7 への緊急クエストが来ました。相手を眺めて、ああ割に合わないなあ、仕方ない装備強化するかと考えて一休みする夜。
    • 長いこと慣れ親しんできた千里眼 +7 & 攻撃 +5 護石を外すときが来たようだな。専用エリアのタイマンだと千里眼が完全に無意味ですからね。さすがに死にスキルをつけたまま古龍とケンカするほどなめくさってはいません。しかしこの護石、攻撃プラスだけ見ても手持ちの中でトップなんだよね。
      • というわけで防具のうち弱い部分をリオソウルに変えて、スキル系統を聴覚保護大と達人にまとめ中。リオレウス亜種を三匹ほど狩ったのですが、まだ火竜の紅玉が出てません。あれさえあれば豪火竜砲を鳳仙火竜砲に強化できるのだけど。
    • ゴア・マガラはすんなり覚えられたんですが、完全に古龍化した白いやつの名前が一時期どうしても頭に入ってこなかったのです。マガラだけは覚えられるものの上の名前がさっぱり。似た感じのクシャルダオラはすんなり記憶できるので、何か視覚でいう盲点の位置にある名前なのかもしれない。
      • 「何マガラだっけ。四文字。クシャルマガラじゃないし、なんかこう中華的な響きなんだよな。ダオシャオマガラとかそんなの。」
    • そのほかには古代魚を釣りに氷海を訪ねたついでに炎チャージアックスでスキだらけのメタボザギルを斬ったり、手に入れた古代魚でシャークプリンスをシャークキングに強化してバサルモス Lv.34 で試し斬りしたりしてました。
      • 集会所にシャークプリンスを持っていったら友人から大不評。地底洞窟で段差から飛び降りて走ってる姿がバカンスの海水浴客みたいで緊張感がないと言われました。それがいいんじゃないか。
      • ネタ武器枠にしては要求素材、クエスト難易度、武器性能が抜きん出ている『銀の匙』コラボ笛の銀の匙、欲しいけどまだ手に入れてません。強走大が吹けるので、友人の弓使い・ランス使いと相性がいいんだよね。
        • 銀の匙コラボクエストは例によって卵収集と見せかけてリオレイア亜種が全力で襲ってくる展開。卵採取系クエストをきっちりクリアするやり方なんて一つしかありませんよ。畜生働きです。まず邪魔するモンスターを逆に襲って息の根を止めてから、しかるのちにゆるりとお宝をゲットすればよろしい。積極的平和主義とも言います。
  • 近頃 Kindle アプリで読んだ漫画。
    • 吉沢潤一『足利アナーキー』
      • 六巻まで。水玉模様の部屋を見たときの利休面で「これは良い」と言いながら読みました。基本思想は「格闘技の強さと喧嘩の強さは違う」「ストリートは 24 時間営業の遊園地」かな。『TWO突風』と『ホーリーランド』の中間位置、やや『ホーリーランド』寄り。
        • [要出典][独自研究]をばりばり付けられそうなナレーションが好きなのですが、マッドアナウンサー感がなぜか薄いのは、おそらく筋の通ったことをしゃべってないからです。たぶんマキシマム・ザ・ホルモンを漫画化したらこんな感じだと思う。言葉の意味はわからんがとにかく凄いゴリ押しだぜよ。
        • あとね、主人公たちがとにかく卑怯。特に六巻で量も質も格上の敵と戦うときのシークエンスが最悪。ストックホルム症候群を利用して敵を倒すヤンキー漫画は初めて読んだし、そのあまりの卑怯さをフォローするナレーションが「人間は、能動的に同族を騙せる唯一の生き物」的なことを言い出していていやそりゃ確かに長所っちゃ長所だけど君がいま守ろうとしてる主人公のステータスは生物的な強さじゃなくて人として愛せるかどうかという共感可能性の方じゃないのかと言いたくなるところも素晴らしい。
        • いろんな作品を読むごとに「実はセクシーコマンドーは偉大だったのではないか」という気持ちが年々強くなってくるのは恐ろしいことです。
      • Amazon レビューだと七巻の評判がひどく悪いので、あまり期待せずに待ちます。『ギャル男vs宇宙人』も買うよ。
    • 上山道郎『ツマヌダ格闘街』
      • isbn:B00ESZXH3A
      • 前々から面白いに違いないと思っていたものの、漫画喫茶にあまりなかったり既刊がそれなりに多かったりで躊躇していた作品。 Kindle で出ているのを発見して読みはじめ、気づいたら全巻買ってました。
      • クリティカルに入った特性は二つ。身体操作レベルの高さと藤子不二雄リスペクト。
        • ときどき読者の体を操作する漫画というのがあって、ホウキの持ち方を変える『ダイの大冒険』のアバンストラッシュ、ペットボトルや傘の持ち方を変える『シグルイ』、大きな荷物の持ち方や走るときの足運びを変える『アイシールド21』などが代表例ですが、『ツマヌダ格闘街』は姿勢に効く。正中線を操作する漫画です。
        • メイドのドラエさんがまずドラえもんモチーフなことに気づけば、あとは散りばめられたキャラクターが全て藤子不二雄リスペクトとして立ち上がってくる。攻略 Wiki は見ない派なのでどれが誰だか読み返しながら考えてるところですが、小太りの営業マンと示現流の執事がいいですね。
    • 新刊を Kindle ベースに切り替えてしばらく経ちますが、電子書籍に移行できない作品というのもいくつかあります。そもそも出てない『3月のライオン』とか、おまけが多い『Landreaall』とか。
      • 一つ豆知識。『ドリフターズ』は物理本で買い続けることをおすすめします。なぜかというと、電子書籍版はカバー下(中表紙)が収録されていないから。一巻しか見ていないので後の巻では違うのかもしれないけれど。
  • 「なぜ人はネットでネガティブなことを発言するのか」てきな疑問文を見かけて思い出した故事。荻生徂徠は炒り豆を噛みつつ古来の有名人を腐すのが好きだったそうなのですね。なぜか。
    • 一説によると。炒り豆を噛むのは健康にいいからで、古来の有名人を馬鹿にするのは現代の有名人について何か言うより明らかに当たり障りがないからだそうです。ではレッスン。リアルでポジティブなことを言う、リアルでネガティブなことを言う、ネットでポジティブなことを言う、ネットでネガティブなことを言う。このうちリスクを最小限に抑えつつ最も多量の溜飲を下げられるのはどれでしょう。
      • 溜飲ってのはある種のリソースなので、血圧と一緒で下げすぎるのはよくないとわたしの中の直観使いが囁く。正確に書くと「溜飲(りゅいん)下げすぎんの、美(つ)くしくなくね?」って言ってる。
トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20131009