Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2011-01-10

[]『キック・アス』(マシュー・ヴォーン) 『キック・アス』(マシュー・ヴォーン) - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『キック・アス』(マシュー・ヴォーン) - イン殺

「これはすごい。感想をひとことで言うと「素晴らしい!」ですかね。オーズの鴻上会長のモノマネで。」


(以下ネタバレ)

「ある種のオタクの欲望をものすごく忠実に具現化した映画だと思うんですよ。
アメコミはにわかなので詳しくないんですけど、アメコミファンというのは多分「こんなの非現実的だよ。ガキの読み物だね HAHAHA 」とか「報酬もないのにおかしな衣装を着て正義を守る? コスプレ自警団かよ HAHAHAHA 」とか、そういう批判にうんざりしていたわけですよね。で、 1980 年代にコスプレ自警団であることに自覚的かつリアリティのある大傑作『ダークナイト・リターンズ』とか『ウォッチメン』が出てきてアメコミだってガキの読み物ばかりじゃないんだという話になり、更に 2000 年代にそれが映像化されて大ヒットして、今はアメコミのターンが続いている状態だと。
そこで更に原点の欲望に立ち戻って、「コスプレ自警団の何が悪いんですか? コスプレ自警団ちょうカッコいいですよ。ほらこんなにカッコいい」と言い始めたのが『キック・アス』なんじゃないかと思います。」

「『キック・アス』にぶちこまれた数々の要素を思い返してみると、実にひどい。」

  • 冴えないアメコミオタクが通販でコスプレスーツを買って自宅で筋トレ。
    • 普段はチンピラにカツアゲとかされてるけどコスプレ状態なら奴らと戦う事だってできるぜ! 今のオレ、スーパー正義マシーン。
      • 通行人に撮られた自警団動画が Youtube にアップされて史上最強の再生数を記録! 一躍世界のヒーローに! MySpace のフォロー数だって万単位だぜ!
  • そんな僕の前にある日空からロリロリなキリングマシーンが!
  • 双身刀のような槍のような得物で人体串刺し手足削ぎ落とし
  • 有象無象の区別なくわたしの弾頭は許しはしないわ的皆殺しガンアクション
    • ご丁寧に、伝統的なアクションと FPS 風暗視スコープ視点がいいとこどり。
  • トゥーンレンダリングでグリグリ回りこむアメコミ風 3D CG
  • 引用センスが滅茶苦茶な BGM
  • 優しくてセクシーな無理目の美人に正体を告白したら受け入れてくれて以降イチャイチャラブラブ
    • 『以下略。』の三人組の「何で俺が平野綾と結婚できねーんだよ!」って叫んでた生き物がアングロサクソンになったようなメガネの小デブもなぜか恋人をゲットしてイチャイチャラブラブ
  • アメコミ名作へのオマージュ。「『シン・シティ』を見てないね?」「『クリプトナイト』を使え! 次は『ロビンの復讐』だ!」

「あの界隈というか、 Amazon で「ダークナイト [Blu-ray] を買った人はこんなものも買っています」からつながる『ウォッチメン』とか『スパイダーマン』とか『Kill Bill』とか『ホーリーランド』とか『以下略。』とか FPS とか空から女の子が降ってくる話とか、あとそっち方面は詳しくないけどチャウ・シンチーとか『リベリオン』とか、その手のコンテンツの一番いいところを切り出してコラージュして一つのストーリーに仕立てて、なおかつオタクの心に引っ掛かりを与える要素をコンソメスープのアクを取るように注意深く執拗に取り除くと『キック・アス』になります。料理でたとえると仏跳墻。それ自体とても旨いんですが、個人的にはその欲望へのあくなき探究心の方が本当にすげえと思いました。欲望の具現化にまったく躊躇がないからです。」

「普通ここまで完全に欲望を肯定することはできません。欲望を具現化するということはすなわち自分の欲望を真正面から見つめるということで、たいていの人は自虐に走ってしまったり、あまりにも現実からかけ離れたご都合主義が恥ずかしくなって手心を加えたりしてしまうものです。すばらしい欲望追求への恐れがあるのです。しかしこの映画を作った人たちにはそれがない。欲望のタガがない人たちです。*1

「ひるがえって自分の欲望がこの映画の中にあるかと考えてみると、確かにあります。たぶん製作者が観客に向けたスナイパーライフルのスコープに体七割入ってるでしょう。あからさまにダサいキック・アスの衣装が最後にはカッコよく見えてくる∀ガンダム効果*2もしっかり受けましたよ。しかし、欲望を具現化して額に入れて飾るとこういう種類の凄みが出るというのは、少々予想の外にありました。回復力が高すぎるホイミを当てるとダメージが入るみたいな。たぶん村上隆のフィギュアと同じ種類の属性効果だと思う。」

(追記)

「登場人物ではビッグ・ダディが一番好きです。手段が好きすぎて目的がおろそかになっちゃうタイプの気違いですよね。娘の育て方といい、武器をネットで買うときの「あまり余計な買い物は……、オウ、ファッキンカッコいいじゃないか。そうか、ガトリングが足りなかったのか。 30 万ドル? ショッピングカートへ」って言い出すあたりの会話といい、完全に趣味です。でも『クリプトナイト』『ロビンの復讐』ってネーミングセンスはどうかと思うな。それ日本語だと「最初は『スペシウム光線』を使え! 次は『クリリンのことかー』!」って言ってるのと一緒ですよ。」

*1タランティーノもそういうところがあるけど、あれは欲望がマニアックすぎて普通の人は七割方理解できないので、結果的に欲望の塊に見えにくい。あんたがガキの頃安映画館で観てた思い出の C 級作なんか知るかっつーの。

*2:もしくはキン肉スグルのマスク効果

1ds1ds2011/01/10 20:48ヒットガールのために童貞を守りたい。

ビッグダディいいですねー。警官風のガンアクションも素晴らしい。
原作は未読なんですが、噂に聞くところによるとビッグダディの背景がかなり違うようで。
適当にぐぐったらとても素敵に酷い設定でして、ぜひそのままで映像化して欲しかった…。
まあ映画版は普通に格好いいので不満はないんですが。

xx-internetxx-internet2011/01/11 07:34何から守るんですか?

ちょっとググってみたら、確かにこのビッグ・ダディはひどいですね。
これが手心の効いた願望充足フィクションというやつです。
この展開だったら、或いは『スパイダーマン3』のようによく出来ていたと感心して感想は書かなかったかもしれません。

かがみかがみ2011/02/02 23:46メアド分かんなくなっちゃったので、こちらですいません。
4年前くらいに名前を使わせて頂いた小説「戦闘破壊学園ダンゲロス」がようやっとこさ発売されました。講談社BOXです。
xxさんも無惨な目に遭ってますので、良ければどうぞご一読下さい!

xx-internetxx-internet2011/02/04 07:20出版おめでとうございます。そういやそんなこともありましたね。恥ずかしいのでこっそり確認しておきます。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20110110

2010-11-03

[]『十三人の刺客』(三池崇史) 『十三人の刺客』(三池崇史) - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『十三人の刺客』(三池崇史) - イン殺

「あらすじ。将軍の弟が近来稀に見る暗君だから殺そう。今から一緒にこれから一緒に殺しに行こうか。
と書くとその筋の人がこの映画を知って見に行くのに何の支障もないことが明白ですが、実際に観てみると『シグルイ』とは少し手触りが違ってまして、どちらかというと『柳生一族の陰謀』なんかの数十年前の時代劇大作の味を忠実に再現してます。リメイク版なので当然といえば当然ですが、久しぶりにこの手の映画を観たので、大して知っているわけでもないのに妙な懐かしさを感じてしまいました。こう、エログロバイオレンスといいますか。四肢切断された上に舌を抜かれた人が「ギギギギギ……」って言いながら血の涙を流したりするアレね。」

(ネタバレというほど先の展開に意外性がある映画だったっけ、だってこれ言ってみれば『プロジェクトXIII』でしょと思いつつ一応ネタバレ回避)


いい松方弘樹はチンピラの松方弘樹だけだ

「松方弘樹が実に良かったという点はぜひ強調しておきたい。小汚い槍使い浪人の古田新太や島田の若僧も良かったですが、松方弘樹の役柄には特に感銘を受けました。なぜかというとここ最近見る松方弘樹は大物としての扱いが多く、勢い『天地人』の徳川家康や柳生の裏ボスといった魔王役を請け負うことが多かったからです。しかしながら、私見ですが松方弘樹の役柄はそこじゃない。直江状を読んで目を剥いてキレる徳川家康や、頭に瘤をのっけて重厚っぽいしゃべり方をする山田浮月斎じゃないのです*1。チンピラどもをまとめてべらんめえ口調で喋るチンピラの親分が本来のスタイルなのですよ。」

「その点『十三人の刺客』の松方弘樹は実に理想的でしたね。義理と人情に篤く、若者の心意気に感じ入る人懐っこさもあり、部下からも慕われながらニコニコ笑って人殺しの算段を立てる松方弘樹。しかも勝ちオーラは失わず、スタッフにも「松方さんだけで 50 人くらい斬りそうだから敵は数百人規模にしました」「松方さんが斬られて死ぬ姿は考えられないので、最後は力尽きて倒れるシーンにしました」と言われる松方弘樹。ここ数年の松方弘樹さえ起用しておけば何とかしてくれる的発想を超えた、素材の味を生かした松方弘樹だったと言えましょう。」

バカ殿のすべて

「常日頃から SMAP の中でもっとも人殺し役が似合うのは稲垣吾郎であると主張して止まない xx ですが、暗君全開の今作もなかなかいい性能を発揮していたと思います。部屋に鞠を蹴りこんだ子供を一家丸ごと矢の的にするといった若干テンプレート的な暗君行動も見られましたが、忠長公と違って自分の異常さをある程度自覚していて「わしが老中になるような徳川幕府は先が知れたのう」とか言い出す中二病はいいですね。なぜなら、その方がよりめんどくさいから。
正しい意味での確信犯が忠長で、間違った意味での確信犯が稲垣バカ殿ですが、前者は思想を引っくり返されることで改心する可能性があるのに対し、後者はもう何をしても止まらないエクストリーム感があります。「ワカっていたんだよ、わたしには!!」って言い出す奴は絶対に反省しませんからね。犬食いや忠臣の生首をサッカーボールキックあたりに散見される天然感とも相まって、大変めんどくさいタイプの気違いでした。」

「なお余談ですが、一番めんどくさいのは行動原理がこれと一緒でなおかつ野に伏すタイプの気違いだと思います。なぜかというと、スナイプでヘッドショットして暗殺できないから。いざというとき問答無用で行動を止められない分、スイッチがついていないチェーンソーのように手に負えません。そう考えると暗君様のケースは公の場に姿を現していただけせめてもの僥倖と言えるでしょう。」

武士道は死狂いじゃないよ。それエア武士道だよ。

「サッカーボールキックといえば。最後にバカ殿が鬼頭半兵衛の生首を蹴飛ばして島田新左衛門が怒るシーンには若干違和感がありました。四肢切断された人を見て「武者震いがするのう」って言いながら笑う姿は特に問題なかったんですが。
思うに、あそこは島田新左衛門の世のため人のために害を為す巨悪を誅する、という発想が普通の人の考え方だからです。死狂いじゃないの。新左衛門の中には体制に歯向かうとか、平和な時代に人を殺戮するとか、更にはあからさまな気違いと事を構えるといった一連の行動に対する恐れがあって、そのストレスから口で書かれた「みなごろし」を見たときに笑わざるを得なかったんだろうと思います。
島田新左衛門が死狂いであったなら、殺すと決めた殿と一対一になったときに、旧友で忠臣だった男の生首を蹴ろうが踏もうが関係ないんじゃないでしょうか。そんなことより標的を一刻も早くブチ殺す方が先で、いちいちその行動に怒ってる場合じゃないでしょう。そういう相手だと知っていたからこそ殺しにかかったわけだし、そのために大勢の仲間を犠牲にして、善良な忠臣たちを罠にかけて虐殺したんだから。それでもなお感情を抑えきれないところが島田新左衛門らしさで、これが死狂い映画じゃなくてお仕事映画であるポイントなのかな、と考えた次第。」

*1:リメイク版『柳生一族の陰謀』の宗矩役はかなりいい方ですが、あれはそもそも DJ の勝利ですからね……。 id:xx-internet:20080928:p1

通りすがり通りすがり2010/11/05 22:08良いインディアンは死んだインディアン!
良い侍は死んだ侍!でも死んだ暴君はずっと暴君扱い。史実では違うのにこんな改変を受けるとは夢にも思わなかったでしょうね。
斉韶さまは本当に楽しそうでしたね。戦はもちろん痛いのも怖いのも楽しんでいたと思います。死ぬのも。
世の中大体の人間は今まで知らなかった事を経験するのを楽しんでいますが、斉韶さまもその口だと思います。
あの犬食いも、今までやったことないけど、こんな食い方したら面白いんじゃね?というノリだったんだと思います。

xx-internetxx-internet2010/11/06 11:36深読みというか妄想すると、バカ殿さまは幕府の体制に疑問を突きつけるために傾いていると自分では思っているけど、その実マジキチであるという、まさに葉隠でバカにされる「往来の狂人」タイプだと思うんですよね。
犬食いシーンにしても、「あれ、おれ暗君なんだから普通に飯食ってたら普通の人に見えね?」とふと思い立っちゃったんじゃないでしょうか。大丈夫、その発想が既におかしいから。

名無し名無し2014/03/18 18:57間宮母子を弓の的にしたのは子供が鞠を蹴り入れたからではなく、間宮図書が訴状と共に切腹した事への報復かと。
刃向かった者は一族郎党皆殺し、夫のために死ぬのが妻の幸せ、みたいな事言ってたので。

なななしなななし2015/05/05 00:53個人的には最後に仲間になった山人が実は不死身だったよ的な描写が意味不明でした。
どうせ不死身にするなら、スタッフロール終わったところで稲垣吾郎の首なし死体がむくっと起き上がってその辺に転がってる自分の首級を拾い上げて
「此度の趣向は詰めが甘かったのう…」
とかブツクサいう生首を片手でぶら下げたままいずこへか去っていく、とかそういうデュラハンっぽいラストのほうがよかったのでは。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20101103

2010-08-12

[]『アイアンマン2』(ジョン・ファヴロー) 『アイアンマン2』(ジョン・ファヴロー) - イン殺 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『アイアンマン2』(ジョン・ファヴロー) - イン殺

「トニースタークときたら大したもんだ。アイアンマンスーツを六体も引っさげてのんのんのんのんやっている。基本的には前の話(id:xx-internet:20081019:p1)と一緒だ。つまり要するにトニースターク無双だ。でも今回の話はライバルがいるから面白い。ああ、トレイラーに出てくる光るムチを持ったレゲエ野郎じゃないぜ。」


(以下ネタバレ)

「序盤でトニースタークは政府の公聴会に呼ばれるんだ。そこで「アイアンマンスーツは兵器だろ、国に渡せ」って尋問されるんだ。まあ当然だよな。明らかに兵器だからな。トニースタークは「兵器じゃない、平和を守る護身用スーツだ」って反論するが、まあトニースタークだからな。そこで証人として呼ばれるのがライバル企業の社長のハマー。こいつは一目で分かる小物ワルでな、ドラえもんで言うところのスネ夫絵で思い浮かべてもらえば問題ない。で、おれの脳内では肝付兼太声で喋るそいつがトニーを糾弾するわけだ。そこからがまたトニースタークでな、ウザくなってきたトニーはその場で手持ちのスーパーアイフォンみたいなクールデバイスで公聴会のスクリーンをクラッキングして動画を流しはじめるんだ。そこにはハマーが北朝鮮でパワードスーツを研究してる絵があって、スーツが暴走してあたり一面に機関銃を乱射してる。「ハマーはスーツの技術が欲しいだけだ。スーツは渡さん。おれが抑止力だ」てきなことを叫んで喝采を浴びるトニー。面目丸つぶれのハマー。おれにはどっちも軍事力を渡したくない男ランキングワンツーフィニッシュに見えるが、まあ、ハマーが悪いことになった。」

「そんな感じで超イケイケなトニースタークと、裏でトニーを潰そうとたくらむハマーが仲良く喧嘩するのが『アイアンマン2』なんだ。途中で幼馴染系の秘書と痴話喧嘩したり新入りの秘書が入ったりするが、そこらへんは正直眠いのでどうでもいい。というより、おれにはあの幼馴染系の秘書のメンタリティがよくわかってない。あの人、序盤でトニースタークにもっと真面目にやれてきな説教を垂れてる最中にめんどくさくなったトニースタークに「わかった今日からおまえが社長だおまえに任せる」てきなことを言われて、なんと涙ぐんで喜ぶんだぜ。そこはそういう態度を改めろっつってんだろって叫んで脳天に拳骨じゃないのか。わからん。」

「そんなこんなで晴れて社長を解任されたトニースターク。今度はモナコに F1 レースを観にいくんだが、その先がまたトニースタークだ。なんと今度はいきなりオーナー特権で自分がレースに参加だぜ。たまたまその前に『capeta』を読んでいたおれは引っくり返った。 F1 カーだぜ。たぶん地球上の人間をあれに乗せて走らせたら生き残るのは何万人かくらいで、あとは直線的に壁に突っ込んで瞬間肉塊だぜ。ほとんどの人間にとってはフードプロセッサと大差ないマシンだぜ。鷲巣様の「代打、ワシ」とはわけが違うんだぜ。冷静に考えれば、そのあとレースを襲撃してきた光るムチを振り回すレゲエ野郎をアイアンマンスーツモバイルで殴りたおすシーケンスの方がイカレてるんだが、おれとしては F1 レースを普通にこなすトニースタークにやられた。トニースタークときたら大したもんだ。」

「そんなトニースタークでもダウナーになるときはある。無敵のアイアンマンにも弱点はあって、どうやら何とか炉に使われてる新素材から毒が出るらしくて、体にたまる毒素を消すために不思議な液体を毎日リットル単位で飲まなきゃならないらしいんだな。体調不良はダウナーの第一歩だ。会社は幼馴染秘書がうまく回してて近頃じゃトニースタークは厄介者扱いだし、テンションあげようと思って誕生パーティでアイアンマンスーツを着て踊り狂ってみたら親友に「いい加減にしろ」って予備のアイアンマンスーツで怒られて『Another One Bite The Dust』が流れる中でブン殴りあって、挙句の果てには三下り半を突きつけられてスーツを着たまま逃げられたりする。いじけたトニースタークはハンバーガー屋の看板の上でひとりハンバーガーさ。いわゆるひとつのロバートダウナージュニアだ。」

「だけどそこはトニースターク。いつまでもいじけっぱなしじゃない。そこからトニースタークがどうやって立ち直ったと思う?」

「なんと、新元素を思いつくんだ。トニースタークときたら大したもんさ。」

「まあ落ちついてききたまえ。話の前半でスターク社はスターク・エキスポってイベントを一年に渡って開催しててな。これはトニースタークの親父も開催してた万博企画だ。落ち込んだトニースタークは親父の残したエキスポのデータを眺めててな、パビリオンの配置図を空中に浮かぶ 3D でグリグリ動かしてたら、唐突に「この建物の配置で原子を置いたら新元素イケるんじゃね?」って思い立つんだよ。うん、何を言っているのか分からんと思うがおれも何をされたのか分からん。」

「そこからはまさにトニースタークさ。部屋の中にお手製の粒子加速器を作ってギュンギュン言わせて、なんか分からないが新元素を使った新型アーク・リアクターが完成するんだ。毒の問題も解決してテンション上がってきて、商売敵のハマーのエキスポ会場にアイアンマンスーツバージョンシックスで乗り込むトニースターク。そのころハマーはエキスポに超ダサいステップで踊りながら登場して「これからの米軍は我が社が担います! アーミー! ネイビー! マリーン! エアフォース!」って超ノリノリで量産型アイアンマンモビルドールをプレゼンしてるんだ。浮かれ気分で会場中の声援を集めてるところに空からトニースタークさ。そしたら次の瞬間どうなると思う? ロシアから来たテロリストが量産モビルドールをクラッキングしてトニースタークに襲いかかるんだ。グララアガア、グララアガア。もう会場は大パニックさ。アイアンマンスーツを盗んだ米軍の親友も、スーツの制御権をぶん取られて「逃げてくれトニー! スーツが勝手に!」とかなんとか叫びながらトニースタークに襲いかかる。そいつらをバッタバッタとなぎたおして親友のスーツに逆クラックを仕掛けるのがもちろんトニースタークだ。さんざん空中でドンパチやらかした末に「よし一緒にテロリストを倒そう」って親友と仲直り。今夜はおれとおまえでダブルアイアンマンだ。ドガガガガガガガ、ドドドドドドドドド、バババババババババ、チュイーンチュイーン。「あれを使うぞ、頭を下げろ」 -> あたり一面殲滅レーザー。モビルドール全滅。ロシアから来たテロリストもブッ殺して、ついでに幼馴染系の秘書も助けてイチャイチャラブラブ。ハマーは逮捕されて、そしてトニースタークは企業トップに返り咲いて幸せに暮らすんだ。」

「おれは主人公が挫折から立ち直るシーケンスが、こんなにも感銘と程遠くて逆に感銘を覚える映画を他に知らない。だって、新元素だぜ。親父の残した遺志とか、幼馴染系秘書への愛情とか、親友との友情とかじゃないんだぜ。トニースタークはマジでチートだ。島耕作がサイボーグ範馬勇次郎を着て歩いてるようなもんだ。おれにはなんで核兵器廃絶運動があるのにトニースターク排斥運動がないのかがわからない。世界平和のため核兵器とトニースタークを追放しようぜ。ハマーとトニースタークの差は何だと思う? 才能だよ。かたや一般常識でいう最高レベルの技術、かたや魔法と区別のつかないリアルタイムオーパーツ級テクノロジー。幸せになるのは魔法使いの方で常識人のハマーは警察に逮捕されてエンドだぜ。普通逆だろ。」

「この映画のキャッチコピーが"鉄、なめんなよ"だったのは残念だな。あれだ、もっとポケモンみたいに映画館で観終わった一般人にインタビューする CM にするべきだ。ゾロアーク可愛いとかそういう感じのコメントを言う若い姉ちゃんをたくさん連れてくるべきなんだよ。「最高! トニースタークかっこいい!」「ラスト超感動しました! 泣ける!」って言わせることでこの映画の不条理ギャグは完成すると思う。
おれは今なぜか唐突に宮沢賢治の『オツベルと象』で「オツベルときたらすごい奴さ」みたいな台詞があったことを思い出しているのだけど、あの話のラストでオツベルが押し寄せる象の群れを超級覇王電影弾でなぎ倒してから象牙を素手で折り取って「これジョニーの店に流しとけ」って言ってパイプを吹かしたら、きっと今みたいな気分になったろうな。」

LioLio2010/08/13 16:36まさに社長無双。本筋と全く絡みませんがドーナツ屋の看板でドーナツ食らってたのが正解ですぜ旦那。

masamasa2010/08/14 01:51アイアンマンは1.2ともに未見ですがそんなにひどい(褒め言葉)話なんですか。イン殺さんのレビューを読んだだけでも軽く頭がクラクラしてきました。
『へうげもの』で秀吉が光秀を評して、
「おまえは真に偉い おまえが信長討ちを決行したのは 本心から家臣や民の行く末を思うたからであろう」
「だが偉いからこそ誰もおまえを信じぬ 人間とは動機に私利私欲が伴わなわねば納得せぬもの 故におまえを疑いこそすれ誰も味方はせぬ」
と独白したように実際問題トニースタークが存在したら排斥確実なんでしょうが、それがなされないのはひとえに彼が「万人の敵、天下無双」のワンマンアーミーであるがゆえであり、「強さとはぶっちゃけワガママを貫く力」という松尾象山の主張の正当性が改めて証明されたなあと思いました。

xx-internetxx-internet2010/08/14 09:24> Lio さん
失礼。そういえばドーナツ屋だった気もします。おそらくテリーマンと混ざってます。

> masa さん
意外にと言うべきなのか何なのか、トニースタークは一般大衆からは支持されてますよ。理由はよく分かりません。確かに悪い奴じゃないんですけどね。トニースタークのステータスは常識が異常に低くてそれ以外が厨房性能なので、タイプ的には坂本龍馬みたいな愛され方をしてるのかもしれません。

匿名希望匿名希望2010/08/18 19:30のだめカンタービレの登場人物 の大河内守 がハマー社長ポジションだと思いました。
以下WIKIPEDIAからの引用「かなりの自信家で、千秋(主人公の1人)を一方的にライバル視。服装まで真似しているが、実力、ルックス共に劣る。千秋は彼の存在を知らず、周囲からもライバルだと認められない。シュトレーゼマンに袖の下を送って代役でAオケの指揮をするも大失敗。」

この手の「天才エース主人公」と対比されるライバルキャラがバカにされまくる描写はよくありますが、観客(読者)が主人公側に感情移入する(という前提でドラマが作られている)のは不思議ですね。
我々の99.999%はハマちゃん以下の社会的地位でも経済力においてもその足元にも及ばないわけで。
ハマーをバカにする映画は自分をバカにする映画に他ならないのですが。
私もハマーがバカにされるのは楽しんで観ましたが…(のだめは不愉快でしたが)ハマさんは愛嬌があるし、アイアンマン2は面白かったです。

トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20100812