Hatena::Groupkill

イン殺 RSSフィード

2017-01-05

  • 最近楽しんでいるものシリーズ『ワールドトリガー』
    • 休載しちゃいましたね。葦原先生には無理せずゆっくり療養していただきたい。我々は冒険王ビィトの続きだって待ったのだ。
    • 『ワールドトリガー』の世界観は他のジャンプ作品と比べて独特だと思うんですが、 FPS をそれなりにやったことがある人ならどういう理屈であの世界が構築されてるか分かるはず。それがしも『ボーダーブレイク』だけやり込んだ程度ですが、あれは FPS の世界設定を肯定しつつ物語をくっつけることに特化した作品なんですよね。
      • FPS ではやられた自キャラがロストせず、多少スコアを落とす程度ですぐフィールドに復活できる。これをリアリティを保ってジャンプ漫画にするためにはどうするか。ドラゴンボールのバーゲンセールをするわけにゃいかない。では生身で戦っていないことにしよう。トリオン体だ。派手なバトルをして手足の二三本吹き飛んでも頭を輪切りにしても問題なし。コミックコード的な意味でもコレクトネスだ。
      • 内ゲバはジャンプ漫画の華。魅力的なキャラクターをたくさん出したなら内ゲバをやらせて対立構造を作ったり解消したりまた作ったりしない手はない。しかし生身で刃を刺せば角が立つ。とかく少年誌は窮屈だ。ようござんす、模擬戦でランクマッチやりましょう。イベントとして異世界からの侵略者もよこせば、切磋琢磨するライバルたちが頼もしい味方として立ち上がってくるオールスター感も描ける。
      • アタッカー、ガンナー、スナイパーの区分といい、手榴弾的なメテオラの存在といい、姿を隠せるバッグワームの存在といい、細かいところで FPS だなーと思う点は多々あります。なお作中ではメテオラの扱いがそれほどでもないですが、ゲーム上では手榴弾の類は恐ろしく強いです。何度殺されたか思い出したくもない。
      • FPS はゲームとしてプレイヤー同士の集団戦であるところから、他の RPG みたいな「おれが主人公でござる」みたいな特別感は作りにくいです。戦場に出れば誰も等しくキルレシオの数字。多少強かろうが硬かろうがヘッドショットされれば死にますし、どれだけ才能があったところで不死身の戦士にはなれません。だからこそプレイヤーはもっともっと特別なオンリーワンになりたくて装甲に色を塗ってみたりアバターにキテレツな格好をさせたりする。その「主人公の物語と FPS の戦術がミキシングされたサクセスストーリーが読みたいよ」という声なき声を具現化したのが『ワールドトリガー』なんじゃないでしょうか。
    • 雑兵などという兵隊はいないが君ら雑兵以外の何物でもないよね、という前提があるせいか、作中の戦闘バランスといいますか、キャラ間の力格差もちょっと特異です。いわゆる無敵のラスボス的な存在がいない。最悪の敵でもフィールドへの無限復活機能を無効化する HP 回復能力付き程度で、それだってスナイプをばしばし決められたら普通に損耗する。『BLEACH』の敵キャラと比べたらクリスマスケーキに乗ってるサンタの砂糖菓子かと思うほど柔らかい。だがそれが楽な敵かというとそんなことはない。味方だってノーガードで弾に当たれば風船よろしくパンと弾けておしまいですからね。攻撃力と防御力のバランスが他と違うので、当たらずに当てることに工夫をこらさなきゃいけないのです。そこに戦術なり戦略なりといった術が生まれる。側面攻撃や十字砲火の大切さを僕たちはゲームセンターで学んだ。
    • 話は飛びますが『ハチワンダイバー』で「将棋の棋風にも剛腕がある」ということを言ってたじゃないですか。澄野さんの世界に旅立つ前あたりに。後から『プリマックス』を読んで思ったんですが、漫画家って作中人物を説明したつもりではたから見ると自分の説明をしてることってありますよね。『プリマックス』が序盤でやったことって、クラスメイトに女装して踊ってほしい主人公が頼みをきかせるためにストーリー上の説得力が必要 -> ツチノコを捕まえる、ですよ。その賞金からクラスメイトへ百万円ずつ払って踊らせるという。ツチノコだぜ、ツチノコ。もっと穏当な方法なり事件なり作りようはいくらでもあったところに「ツチノコ捕まえて賞金一億ゲットさせよう」と考えてしまう柴田ヨクサル先生の棋風。後の展開で大金が必要なわけでもないのに。
      • あるいは柔道部の先生が達人だということを数ページで説明しようというときに GKO というあだ名を付けてしまう柴田ヨクサル先生の棋風。グレートティーチャーオニヅカ的なものではありません。ゴーストノックアウトです。修学旅行で旅館に幽霊が出ると生徒が騒ぐから天井裏を覗いてみたら、居て、
        • f:id:xx-internet:20170105051348j:image
        • f:id:xx-internet:20170105051435j:image
        • f:id:xx-internet:20170105051526j:image
        • いちいちオーバーキルなんだよ。このエピソードは明らかに面白すぎて「体育教師が強い」だけ伝えればいいところを別の何かが伝わっちまってるんだ。魚のあら汁作ろうってときにスッポン鍋をコークスで赤熱焚きするがごときテレフォンパンチ。鱗も骨もボロボロで何の魚だかわかりゃしねえ。
      • 何が言いたいかというと、トリオンモンスターことチカの「人が撃てない」という性格、あれは葦原先生の長所であり短所である「ド外道が描けない」という特徴を引き写したものなんじゃないかと思うのです。最初にあのセリフを見たときはちょっとおまいうのエッセンスを感じてしまった。
        • 漫画家たるものド外道を描けなければならないとかそういう主張をする気はないんですが、キャラクターリストを眺めて思うのは「この人捨てキャラを作れないんだろうな」ということです。一番凶悪なキャラでボルボロス使いのエネドラですからね。あれは単なる粗暴であって、しかもエネドラッドと化してからは意外と話が通じる NPC になってしまった。同じ粗暴でも『ダイの大冒険』のフレイザードを見たまえ。「オレは戦うのが好きなんじゃねえんだ、勝つのが好きなんだよォッ!」「バクチってのは外れたら痛い目見るから面白えんだよ、ヒャーッハッハッハ!」など数々の名ゼリフ、迷いなき功名心で読者に三分の理を感じさせるも女にも全く容赦しない残虐性と卑劣さで九割七分死ぬしかないと納得させる性格、全く悔恨しない上に即時再生怪人と化してアバンストラッシュの巻藁にされるゴミのような死、どれを取っても最高級品だ。これに比べたら山岡はんの鮎はカスや……。
          • 向いてないところで無理に競うより、持ち味をイカせと勇次郎さんも言っていたように別のストロングポイントを押し出すべきです。キャラを捨てたくないなら捨てなければいいんだよ。話が進むにつれて読者はボーダーの人たちと大体顔見知りのような気分になっていくし、ひょっとしたらネイバーの連中と再開する日だって近いかもしれない。そりゃキャラクターデータブックだって必要になります。
    • 好きなキャラはあまり思い浮かばない。子供の頃なら迅さんの飄々とした感じが好きだったかもな。ものすごい強い個性の誰かが場を作るというよりは、一人前の思考力を持った個々が判断しつつ動いていくことで場が形成される作品って感じなんですよね。また FPS の話をしますが、この作品のキャラはいわゆる効率厨の気配がめりめりしますね。効率厨でない人の方が珍しいくらいだし、作者コメントでも「そういうアホの子が最適解でないムーブをすることで話を動かしてくれて役に立つ」的なことを言ってます。ほぼ全員が冷静だし効率的だ。訓練された廃人集団のようですね。強いて言えば木虎が好きかな。ツンデレとか花澤香菜とかそういうことじゃなくて、ド効率厨の匂いがするから。カードゲームでコストパフォーマンスの高いコンボを見い出すタイプのプレイヤーですよね、スパイダーを提案するあたりが。

テラライトテラライト 2017/01/11 20:00 葦原先生が療養中にアシスタントに外伝でも描いてもらったりしたら良さそうですけどね。
ちょっとだけ語られたボーダー設立前の話とか。
登場人物8割が終盤で命を落とすのが前提、読者も事前に覚悟して読む悲壮感

ゲスト



トラックバック - http://kill.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20170105